WAKAYAMA NEWS HARBOR
和歌山さんぽみちプロジェクト

木のぬくもり、紀のあたたかみ 関空展望ホールに紀州材

newshabor110904

 木のぬくもりから、 和歌山県を思い出す機会があった。 場所は関西国際空港内にある空港見学施設 「関空展望ホールSky View」。 8月1日にリニューアル・オープンした同施設の4階にある 「スカイデッキ」 に和歌山県産のヒノキが敷き詰められている。 そこでヒノキの香りやぬくもりを感じたとき、 ふと私は中学校の課外授業で経験した林業体験を思い出した。

 体験場所は紀南の山奥で、 スギやヒノキの間伐を手伝った。 森林組合の方々から伺った、 森を守るために必要な間伐作業の意義と、 後継者づくりへの熱い思いは今でも記憶に残っている。 今回、 和歌山県産のヒノキが実用されている場に触れ、 木のぬくもりを感じ、 和歌山県 (紀州) の方々のあたたかさを思い出したのだ。

 関西の空の玄関口に、 奇遇にも和歌山県を感じられる施設ができたことは、 県土の約8割を森林が占める和歌山県の魅力発信につなげられるはずだ。 県は、 県内で採れる木を 「紀州材」 とし、 ブランド化を図っている。 「紀州備長炭」 もそのひとつだ。

  「紀州備長炭」 は炭の中で唯一、 空輸できるものであることをご存知だろうか。 県木炭協会が発行する 「紀州備長炭証」 が貼られていることが条件。 平成12年、 県の申し出により燃焼速度、 自然発火の可能性が低いと認定されたのだ。 適用は国内線に限るが、 紀州材ブランドが全国、 そして世界へ羽ばたき、 いつまでも和歌山県の主力産業であるよう応援したい。

 (岸村敏充/大阪次田尚弘/広島)