商店街に軽快な音色 本町通りでジャズイベント

1109275

 23日に開幕し、 10月2日までほぼ毎日、 和歌山市の中心市街地にあるライブハウスなどでジャズ演奏を楽しめる 「ぶらくりスイング」 (同実行委主催)のストリートジャズライブが25日、 同市の本町通りであり、 15組のジャズバンドの軽快な演奏が商店街に響いた。

 同イベントがこの形になって4回目。 中心市街地の秋の恒例行事になり、 今回は10日間で21組が演奏する。

 ストリートライブは、 紀陽銀行本店前ときのくに信金本店前、 元帝国座前の3カ所で実施。 車道に用意した席は常に埋まり、 訪れた人は体でリズムを取りながら野外ライブを楽しんだ。 他にも、 本町周辺の飲食店による屋台やフリーマーケットなどもあった。

 市内から来た境万起子さん(54)は 「よくライブハウスには行くけど、 ぶらくりスイングは初めて。 野外もいいものですね」 と笑顔。 毎年参加しているアマチュアバンド 「ウェアハウス」 のバンマス高田隆之さん(54)は 「普段通りにはできたと思う。 野外だとやはり気持ちいい」 と話していた。