和歌山県内外のミカン30品種 海南で展示会

30品種のミカンが並んだ
30品種のミカンが並んだ

 県内外のミカンが並ぶ 「柑橘品種展示会」 が28日、 海南市下津町下のJAながみねしもつ営農生活センターで開かれた。

 ミカン農家などを対象に毎年開かれている展示会で、 約100人が参加。 有田産をはじめ長崎県、 静岡県、 愛媛県産の約30品種のミカンが並んだ。 品種ごとに産地、 糖度、 酸味などの説明書きが用意され、 参加者は手に取って色や味を確かめていた。 ことしのミカンは例年と比べて大玉傾向で、 収穫量は平年並み、 甘さは若干低めという。

 また、 農家が手作りした簡易貯水タンクや草倒し棒など、 アイデア農具約20点が並べられた他、 柑橘類の被害で多い 「黒点病」 についても写真で紹介された。

 同センターは 「農具なども面白いものがあり、 農家の方々にはミカン作りの参考にしていただければ」 と話していた。

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧