智弁の道端選手を表彰 日本学生野球協会

宮下会長 (中央左) から表彰状を受け取った道端選手
宮下会長 (中央左) から表彰状を受け取った道端選手

 学業優秀で他の模範となる高校野球選手をたたえる、 日本学生野球協会の本年度優秀選手に、 智弁学園和歌山高校3年生の道端俊輔選手(18)が選ばれた。 これまで県内では31人が受賞し、 本年度は全国で46人の高校球児が選ばれている。

 道端選手は、 1年生の夏から5季連続で甲子園に出場し、 3年生では中心選手として選抜大会でベスト8、 夏の選手権大会でベスト16にチームを導く原動力となった。 また、 昨年8月下旬に神奈川県で開催された 「第9回アジアAAA野球選手権大会」 の全日本メンバーにも選出され、 日本の優勝に大きく貢献した。

 和歌山市砂山南の県立和歌山商業高校で19日、 県高野連の宮下和己会長から表彰状が手渡され、 道端選手は 「選ばれると思っていなかったので驚いています。 とてもうれしい。 受賞に恥じないよう努めたい」 と笑顔。 「大学へ進学し、 中心選手としてチームをけん引できる選手になって、 プロ選手を目指したい。 その後は野球の指導者になりたい」 と抱負を語った。

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧