高級折りたたみ自転車貸し出し 粉河駅

5月上旬から貸し出されるDAHON
5月上旬から貸し出されるDAHON

 紀の川市などの名所をもっと手軽に観光してもらおうと県は5月上旬から、高級折り畳み自転車「DAHON」15台をJR和歌山線の粉河駅にレンタサイクルとして設置する。近年、エコや健康志向が高まる中、自転車を活用し新たな観光客のニーズを掘り起こし、まちの活性化につなげる狙いだ。

 同事業は、県の振興局コンペ事業で採択された那賀振興局の「観光サイクリングでまちおこし事業」。DAHONは、折り畳み自転車の老舗メーカー。今回設置する車種は、最新モデルの「VISC.P18」(10万5000円)。18段変速(前2段、後9段)で、長距離の走行も楽にできる。料金は一日1000円前後の予定。折り畳んで袋に詰めれば、電車での輪行(りんこう)も可能だ。

 同振興局管内で現在、レンタサイクルが利用できる駅は、和歌山電鐵㈱貴志川線貴志駅(紀の川市貴志川町神戸)、JR岩出駅(岩出市清水)など。貴志駅ではイチゴ狩りシーズンなどの際に重宝され、月に平均30台前後の利用があるという。

 同振興局企画産業課は「今後は観光名所の他に、ノルディックウオークやパラグライダーの体験なども合わせて観光客の誘致を図りたい」と話している。

 問い合わせは同課(℡0736・61・0014)。