22日昼過ぎまで大雨 土砂災害など注意

報道陣に説明する和歌山地方気象台職員(21日午前)
報道陣に説明する和歌山地方気象台職員(21日午前)

 和歌山地方気象台は、 22日夕方ごろまでにかけて県内全域で大雨による土砂災害や河川氾濫などに注意を呼び掛けている。

 気象台によると、 中国の南で発生した台風5号は21日未明に東シナ海の台湾海峡付近で熱帯低気圧に変化。 その影響で、 21日未明に梅雨前線上に新たな低気圧が発生。 南からの暖かく非常に湿った空気を送り込んでおり前線が活発化しているという。

 気象台は22日の昼過ぎまで大雨が降り続くと予想。 21日昼から一日当たりの雨量は150~200㍉と非常に激しい雨が降るとしている。

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧