組み合わせ決まる 第94回全国高校野球和歌山大会

 
 

 7月13日に和歌山市毛見の県営紀三井寺球場で開幕する第94回全国高校野球選手権和歌山大会の抽選会が23日、和歌山市西汀丁の和歌山商工会議所であり、出場39チームの組み合わせ=別表=が決まった。開会式は同日正午から。選手宣誓は笠田高校の西川恭盛主将が務める。

 抽選会では春季近畿地区高校野球大会県予選4強の智弁、和商、那賀、紀央館がシードとしてA~Dのゾーンに振り分けられ、予備抽選、ゾーン抽選、本抽選を実施。各ゾーンの2回戦から登場する。残る35チームは予備抽選、本抽選を行った。

 Aゾーンは那賀が初戦で日高中津と顔を合わせる好カードが実現。新人戦準優勝の海南は創部2年目で大会初勝利を目指す和東、前回大会準優勝の市立和歌山は県立和歌山と激突する。

 Bゾーンは前回大会の覇者で春季大会優勝の智弁和歌山が有力。強豪の南部、甲子園出場経験のある向陽、初芝橋本らが智弁の8連覇を阻止する。

 Cゾーンは混戦が予想される。シードの紀央館が大会5日目に桐蔭と対決。前回大会で智弁と激闘を繰り広げた日高も注目される。

 Dゾーンは春季大会準優勝の和商が初戦で熊野と激突。合併後初出場となる和西・和北の活躍にも目が離せない。古豪箕島、力のある近大新宮もそろった。

 大会は13日から14日間、同球場で開かれる。開幕戦は耐久と紀北農芸が対戦する。午後1時20分プレーボール。準決勝抽選は大会12日目の第1試合終了後に実施する。また20日は終業式、26日は休養日のため試合は行わない。

 選手宣誓する西川主将は「みんなの代表なので恥をかかないように頑張りたい。紀南の台風を織り交ぜて宣誓したい」。大会8連覇が期待される智弁の川崎晃佑主将は「1試合ずつしっかり勝ち上がりたい。精神力と自信を胸に戦う」と話している。和西・和北の道上翼、東祐希両主将は「どことやっても全力でやるだけ」と意気込んでいる。

抽選カードを引く各校の選手たち

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧