『小梅日記』が絵本に 8月1日に発売

完成した絵本を手に笑顔の会員ら
完成した絵本を手に笑顔の会員ら

  「小梅日記を楽しむ会」 (中村純子会長)が、子どもも大人も楽しめる 『小梅日記』 の絵本 『小梅さんの日記』 を制作した。 和歌山市内の小・中学校や図書館などに寄贈するとともに、8月1日から一般発売する。 会員らは 「たくさんの人に読んでもらいたい。 そして日記の魅力を県内外にアピールし、和歌山の活性化につなげたい」と話している。

  『小梅日記』 は、 幕末から明治にかけて和歌山で生きた川合小梅がつけていた日記。 日々の暮らしや紀州藩藩校 「学習館」 校長だった夫から入る藩の情報、 中央の大事件などが記されている。

 同会は 「日記は全国に誇れる和歌山市の財産だが、 広く知ってもらうには難解」 と絵本化を企画。 本年度の和歌山市 「わかやまの底力・市民提案実施事業」 に選ばれた。

 内容は、 家族や友人と潮干狩りを楽しんだ 「荒浜へ」 ▽小倉神社で見物した四十五、 六騎の馬による迫力ある 「馬かけ」 ▽平凡社版 『小梅日記』 には出てこない 「安政の大地震」 の生々しい体験談など、 膨大な量の日記と 「雑記」 から選んだ36の出来事。

 絵日記風に分かりやすい文と絵で構成。 小学校高学年が読めるようルビをふり、 家系図や地図、 注釈も添えた。 表紙は小梅カラーの鮮やかな紅梅色に、 筆を手に正面を見る小梅を描いている。

 企画・構成は中村会長(61)、 文は山上祥子同会事務局長(55)、 絵は 「わかやま絵本の会」 の芝田浩子代表(51)。 昨年6月からさまざまな資料を調べ、 専門家に話を聞き、 現地に足を運びながら作業を進めてきた3人は、 「支えてくださった方々に感謝です」 と話している。

 同会は今後、 小学校や施設での絵本の読み聞かせ、 絵本を活用した小梅ゆかりの地ウオークなどを計画している。

 定価500円。 モンティグレ(ダイワロイネットホテル和歌山)内宮脇書店で取り扱う。

 問い合わせは中村会長(℡073・452・3399)。

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧