もうすぐハギ見ごろ 片男波公園

 
 

 万葉集の141首の歌に登場し、 花としては一番詠まれているというハギの花が、 和歌山市和歌浦南の片男波公園で咲き始めた。 薄紅色で小ぶりの花がしだれるように咲いている=写真。

 ハギは秋の七草の一つで、 花は9月下旬にピークを迎え、 10月初旬まで見られる。

 和歌公園管理事務所の嶋隆志さんは 「初秋の一日に万葉時代から親しまれているハギを観賞しませんか。 遊具もあり、 子ども連れでも楽しめますよ」 と呼び掛けている。

 問い合わせは県文化振興財団同事務所の嶋さん(℡073・446・5553)。

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧