柿本神社に白ヘビの大絵馬奉納

奉納された大きな絵馬
奉納された大きな絵馬

 海南市日方の伊勢部柿本神社(塩﨑昇宮司)に、 来年のえと 「巳(み)」 の縦180㌢、 横270㌢の大きな絵馬が奉納された。

 絵馬を制作したのは、 氏子の矢倉真弓さん(86)。 奉納はことしで3年目になり、 絵馬には神の使いとされる白ヘビが描かれている。

 この日、 北本みずき権禰宜によるおはらいが行われた後、 氏子らに運ばれ、 参集殿に飾り付けられた。 絵馬は、 来年の春ごろまで見ることができる。

 塩﨑宮司(45)は 「幸運を呼ぶ白ヘビにあやかって、 幸福を授かっていただけたら」、 北本権禰宜(22)は 「ヘビは脱皮して大きくなります。 新たな門出を祝ってほしいです」 と話している。

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧