小倉地区があいさつ運動

運動に取り組む吉川会長 (左から2番目) と皆さん
運動に取り組む吉川会長 (左から2番目) と皆さん

 和歌山市の小倉地区では連合会自治会 (吉川松男会長)、 小中高校、 各種団体が連携し、 通学路を歩く子どもたちに声を掛けるあいさつ運動を実施している。

 まずは子どもたちに積極的にあいさつすることから始め、 各団体が関係性を深めながら、 地域密着型の教育を共に進めていこうと、 昨年9月1日から実施。 住民にも回覧板などで協力を呼び掛け、 地区全体で運動に取り組んでいる。

 登下校などで道行く子どもたちに 「いってらっしゃい」 「おかえり」 などと声を掛け、 成長を見守っている。 吉川会長 (70) は 「あいさつ運動の地域を徐々に広めていき、 子どもとのコミュニケーションをとっていきたい」 と話している。 ※吉川会長の吉は上が短い吉

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧