「海南ひなめぐり」華やかにスタート

ひな壇の前でかわいく歌う日方幼稚園の園児
ひな壇の前でかわいく歌う日方幼稚園の園児

 海南市内3カ所のおひなさまと、 まちを巡る第3回紀州海南ひなめぐりのオープニングイベントが1日、 JR海南駅で行われた。

 千体雛(びな)が飾られた高さ2・5㍍×横8㍍、 11段のひな壇前で中言神社の山田原尚生宮司による神事が行われ、 実行委員らが成功を祈願。 東美智実行委員長があいさつで 「工夫したおひなさまがいっぱい。 ゆっくり海南のまちを楽しんでください」 とPRし、 日方幼稚園(宮尾英作園長)の園児34人が♪ 「うれしいひなまつり」 をかわいく歌った。

 ひなめぐりは3月3日まで。 海南駅に千体雛、 駅前商店街のショーウインドーにたわしやほうきを使った変わり雛、 黒江川端通りに 「紀州雛」 が並び、 買い物を楽しむ 「おひな市」 も開催される。

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧