ビスクドールのひな人形展 24日まで

「かわいいひな人形に会いに来てください」と中村さん㊧
「かわいいひな人形に会いに来てください」と中村さん㊧

 人形作家・中村雪子さん(52)=大阪府岬町=の 「ビスクドールとドールハウス~お雛(ひな)様展」 が24日まで、 和歌山市雑賀屋町の 「カラバ・ティー」 ギャラリースペースで開かれている。

 ビスクドールのひな人形やひな祭りの情景を再現したドールハウス、 ちりめん細工など約20点を展示。 豪華絢爛(けんらん)なひな人形が訪れた客の目を楽しませている。

 中村さんは 「ビスクドールで市松人形を作っている作家は珍しいです。 西洋人形とは違う表情を描くのが難しかったです」。 人形の衣装は中村さんの子どもの頃の着物や祖母の帯などを再利用した。

 作品を出展した生徒の高瀬未保さん(47)は 「ひな人形を持っていない母のために作りました」 と笑顔。 来場した同市新堀の林静子さん(65)は 「タイムリーな催しでいいですね」 と作品に見入っていた。

 24日午後2時からはネコのおひなさまを作るワークショップが開かれる(有料)。作品の一部は3月3日まで同ギャラリーのキャビネット内でも展示される。

 正午から午後8時半まで。 問い合わせは同店(℡073・460・2412)。