園児のかわいい絵画展 JA桃山支所で初開催

園児のかわいらしい作品が並んでいる
園児のかわいらしい作品が並んでいる

 紀の川市桃山町市場のJA紀の里桃山支所(杉岡高久支所長)1階で、町内の園児の絵画展が開かれている。

 園児の家族に作品にふれる機会を提供し、家族の交流を深めてもらおうと初開催。9月中旬までは安楽川保育園の年長5歳児61人が描いた作品を展示。「夏」をテーマに、カブトムシやセミ、海中の魚などを描いたかわいらしい作品が並んでいる。

 以降は、調月の児童発達支援センター「ひまわり園」と児童発達支援事業「つぼみ教室」の園児の作品展を開催。年間を通して展示活動に取り組んでいく。杉岡支所長は「作品を見て子どもとの会話のきっかけになれば。展示は今後も続けていきたい」と話している。