組み合わせ決まる 夏の高校野球

1406244

 7月11日に和歌山市毛見の県営紀三井寺球場で開幕する第96回全国高校野球選手権和歌山大会の抽選会が21日、和歌山商工会議所であり、出場39校の対戦の組み合わせ=別表=が決まった。開会式は同日正午から。選手宣誓は貴志川高校の松島匡孝主将が務める。

 抽選会では春季近畿地区高校野球県予選でベスト4の箕島、智弁、田辺、高野山がシードとして、A~Dのゾーンに振り分けられ、予備抽選、本抽選を行った。各ゾーンの2回戦から登場する。その後残る35チームが予備抽選、本抽選を行った。

 Aゾーンはシードの智弁が最有力。初戦で桐蔭と対戦する。Bゾーンは前回王者のシード箕島とセンバツ出場の海南が顔を合わせる好カードとなった。力のある和歌山東も目が離せない。Cゾーンはシードの高野山と和歌山工業が激突。近大新宮、市立和歌山にも注目だ。Dゾーンはシードの田辺と和歌山北が2回戦で対戦する。

 大会は11日から14日間(雨天順延)、同球場で行われる。開幕戦は日高対粉河に決まった。午後1時20分開始。準決勝の抽選は大会12日目の第1試合終了後に実施する。また18日は公立学校終業式、24日は選手休養日のため試合は行わない。

 選手宣誓をする松島主将は「まさか自分だと思っていなかった。内容は監督、部長、コーチと話し合って決めたい。他県に負けない宣誓をします」と話していた。

 

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧