節約や資産運用紹介 FP協会がセミナー

「FP(ファイナンシャルプランナー)の日」にちなみ、NPO法人日本FP協会和歌山支部は11月23日、和歌山市美園町の県JAビルで「くらしとおかね講演会とFPフォーラム2018」を開催し、参加者約60人が暮らしに役立つお金について学びました。
講演会では、ファイナンシャルプランナーでエンターテイナー講師プロデューサーの土井紀彦さんが「お金の使い方や節約の仕方」から「投資選択力や運用力」に至るまで、男性脳と女性脳の違いから生まれる男女のお金に対する思考法の違いをクイズを交えながらユニークに紹介し、会場は笑い声に包まれました。
また同時に行われた個別無料相談会では、事前に申し込んでいた希望者が家計と貯蓄・保険・住宅ローン・資産運用などについてFPからアドバイスを受けました。
同協会和歌山支部の吉田彰久支部長は「このような取り組みを通じてFPの存在や役割を広く知ってもらい、ぜひ今後の人生設計に生かしていただきたい」と話しました。

セミナーを聞く参加者ら

セミナーを聞く参加者ら

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧