サックスの鬼才来る 17日ジャランジャラン

岩出市船戸にある喫茶・ライブハウス「JALAN―JALAN」で17日、ソプラノサックス奏者Joe Rosenbergのライブが開かれます。

繊細かつダイナミックな演奏で聴く人の心をつかんで離さないソプラノサックスの鬼才Joe Rosenberg。 4回目となる今回は、メンバーに東京からベースの落合康介、ドラムスの則武諒を迎え、オリジナルサウンドでジャズを中心に演奏します。

現在インドネシアのバリ島に住むJoe氏は、東洋の音楽の研究なども行っており、彼が奏でるサウンドには、どこかアジアのテイストが含まれ、その魅力あふれる演奏を毎回多くのファンが心待ちにしています。

代表の青柳竹泰さん(21)は「音楽は趣味や娯楽と捉えられられがちですが、実はもっと生活に近い距離感のもの。ぜひ生の音楽を聴きに来てください」とライブの魅力を話しています。

開演午後5時(開場4時)で、チケットは前売り3500円(当日4000円)。問い合わせは同店(℡0736・61・6681)。

サックス奏者のJoe Rosenberg氏

サックス奏者のJoe Rosenberg氏

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧