海南の自然と文化 5月ウオークイベント

「第8回きのくに海南歩っとウオーク」が5月18・19日の2日間にわたり開催されます。自然や歴史、文化にあふれる「日本遺産のまち海南」を歩き、多彩な魅力が体感できます。市民のおもてなしもあり、体と心がホットになる人気のウオーキングイベントです。

初日は「豊かな自然を歩く」がテーマで、2日目は「歴史と文化を歩く」。それぞれ、最長24㌔㍍から最短の3㌔コースまであるので、参加者が自分の体力に合わせて選べ、休憩や昼食も自由です。

集合場所はいずれも海南市総合体育館で、見所は、初日が藤白神社や国宝の善福院、長保寺など。2日目は亀池公園や宇賀部神社などが盛り込まれています。参加費は1日だけでも、2日間参加でも同額です。14㌔以上のコースなら、600円の特製弁当の申し込みができます。

スタート・ゴール地点やコース上のチェックポイントではおいしい地元グルメが味わえ、地元中学校のブラスバンド演奏が花を添えてくれます。

参加費は事前申し込みがお得で、一般で同市内在住か、勤務している人は500円(当日800円)、市外は1000円(同1500円)。中学生以下は市内外を問わず無料です。

申し込み方法のうち、市教育委員会・市体育協会事務局の窓口、または募集要項の払い込み取り扱い票からの場合は4月5日締め切り、インターネットの専用ページ(http://spoen.net/77955)または電話(℡0570・039・846)での締め切りは4月12日。

問い合わせは事務局(℡073・492・3364)まで。

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧