WAKAYAMA NEWS HARBOR
和歌山さんぽみちプロジェクト

岸和田城から紀州征伐へ

190317hb

前号では、天正12年(1584)、雑賀衆などの紀州からの連合軍による岸和田城への襲撃の際、突如現れた蛸(タコ)に乗った法師とそれに続く蛸の大群が連合軍を退却させ、岸和田城が守られたという伝説と、それにまつわる寺「天性寺(蛸地蔵)」を紹介した。
その後も秀吉との交戦は続く。天正13年(1585)2月、秀吉は家臣である小早川隆景(こばやかわ・たかかげ)に、毛利水軍を岸和田へ派遣するよう命じ、3月9日、貝塚の寺内に禁制を発行し安全を保障。秀吉は根来寺に使者を派遣し和睦を提案するも、和睦の反対派が使者の宿舎に鉄砲を撃ちかけたことで交渉は決裂。秀吉による紀州への侵攻(紀州征伐)が始まる。
3月20日、秀吉は10万もの兵を率いて出陣し、翌21日、岸和田城に入る。多数の軍船をそろえ、海陸両方から紀州に攻め込む戦法をとり、対する根来衆や雑賀衆は9000の兵で迎え撃つこととなる。
まず、紀州側の防衛線で、根来寺の支城、現在の貝塚市橋本付近にあった「千石堀城(せんごくぼりじょう)」に攻め込む。城兵による弓と鉄砲に阻まれ、秀吉側の軍勢で1時間余りで千人の死傷者を出す攻防戦となったが、城内に射った火矢が火薬庫に引火し城は炎上。それが起因となり、その他の支城も落城を迎える。
和泉の制圧を受け、23日、秀吉は岸和田城を出立し根来寺へ向かう。根来寺では戦闘する者は少なく制圧。その後出火し3日間燃え続け、それは貝塚からも見えたという。日を同じくして粉河寺も炎上。24日には秀吉が紀の川の北岸から現在の和歌山市へ進軍。紀州側の軍勢は船での脱出を試みるなど大混乱となり、雑賀衆の残党による太田城の籠城も水攻めで落城。紀南方面への制圧も進み、紀州征伐は終わりを迎える。(次田尚弘/岸和田市)