鶴保 庸介

鶴保 庸介

IWCは設立趣旨から逸脱 日本の鯨類「活用」提案を否決

 自民党総裁選挙が終わりました。ご存知の通り、安倍候補が石破候補を破り3選を果たしました。ご協力頂きました方々にはこの場をお借りして御礼申し上げます。  さて、その総裁選挙戦の真っただ中ではありましたが、私はIWC(国際 [...]

続きを読む>>


 

競争と協力で観光振興 世界遺産サミットへの期待

年に一回の恒例イベント、『世界遺産サミット』に出席するため、島根県大田市を訪れてまいりました。世界遺産サミットとは、世界遺産を持つ自治体の首長が一堂に会し、その保全や活用、抱える課題について意見交換を行い、また自治体間の [...]

続きを読む>>


 

自動運転の早期実現へ 沖縄の公道で実証実験中

 あまり大きく全国紙で取り上げてくれていないようですのでここで報告を。沖縄県で自動運転の実証実験をはじめました。内閣府のSIP事業(農業やエネルギーなど11の分野で産官学の粋を集めて先端的技術の社会実装を急がせようとする [...]

続きを読む>>


 

ニーズとシーズの橋渡し 技術が社会を主導する仕組みを

皆さん、ソサイアティ5・0って知ってますか? そうですね。すべてのデバイスがネットにつながることにより、リアルとバーチャルが融合する社会が来るのです。って役所から説明を受けてたのが、大臣就任当初の話。 わかるかよそんなの [...]

続きを読む>>


 

最先端技術を国民のために トルコ・JAXAなど訪問

 トルコに行ってまいりました。クーデター騒ぎのあと、日本の閣僚としては最初のトルコ訪問で、各国が相次いで訪れている中、日本だけが、という状態のようになりつつあることを回避できたことは大変意味あることでした。主たる用向きは [...]

続きを読む>>


 

「イベント民泊」大いに活用を 地域おこしへ「一年に一度」気にせず

今回も何を報告しようかと迷いました。参議院の改革協議会、ヘイトスピーチ、ドローン、夜間銃猟、トラック運転手の労働基準適用問題、等々。大体3カ月ぐらいの間隔で順番が回ってくるので、その間に色々ありますね(忘れてるのも多いで [...]

続きを読む>>


 

大物活動家の入国を拒否 史上初の処置、法定化も視野に

1月19日、一通のメール。 「現在、成田空港でリックオバリーが拘束されているようです」とのこと。リックオバリーとは、ザ・コーブで主演を務めたイルカ保護活動家で、種々の違法な妨害活動を繰り返すトラブルメーカー。昨年は和歌山 [...]

続きを読む>>


 

新しい宿泊形態「民泊」 党小委員会で制度設計を議論

国会が休会になり、2カ月以上がたつ。 10カ月以上続いた国会も異常だが、2カ月以上のお休み?も、異例のことである。 国民の皆さんも、さぞや国会議員は羽を伸ばしておるのであろう、とご想像の向きもあるのでは。 「安心してくだ [...]

続きを読む>>


 

しっかりとした連携の輪を 南米全体に多数の日系移民

福島県大玉村と南米ペルーのマチュピチュ村が姉妹都市提携を結んだという。 そもそものきっかけはマチュピチュ村の初代村長が大玉村の出身移民で、観光開発に尽力した、ということなのだそうだが、こうしたニュースをみて、へえ、という [...]

続きを読む>>


 

今後の参院のあり方問われる 有権者との距離感か、新しい考え方か

最高裁判決において平成20年の参議院選挙制度が違憲状態だ、という判断が下されたことにより一気に議論に火がついたこの問題。 一票の格差は人口に比例すべきだと明確に示したわけではないが、これまで5倍以上の格差があっても合憲と [...]

続きを読む>>


 

がんばってます

月別アーカイブ