海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

呼び上げ地蔵を避難訓練に活用 上神田地区

 幕末の安政南海地震(1854年)の際、津波から避難する住民を導き、救ったと伝えられる和歌山県海南市井田の「呼び上げ地蔵」がある上神田自治会(大上敬史会長)は1日、言い伝えを活用し、汐見峠に祭られている地蔵を目指して避難 [...]

続きを読む>>


乾燥用の収穫最盛期 紀美野・海南の山椒

JAながみね管内の美里・野上・海南・下津地区で、乾燥させて出荷する山椒(サンショウ)の収穫が本格的に始まった。良質とされる同地区の山椒は、乾燥したものは漢方薬や香辛料、5月上旬に収穫された生の状態で利用する果実や葉は佃煮 [...]

続きを読む>>


避難所に福祉用具供給 紀の川市が災害協定

紀の川市と一般社団法人日本福祉用具供給協会(東京都)は、大規模災害が発生した際に福祉用具の供給などで協力する内容の災害協定を20日付で締結した。和歌山県内の自治体が同協会と災害協定を結ぶのは6件目。 要介護状態の人や障害 [...]

続きを読む>>


基本計画や委員決定 ねんりんピック実行委

2019年11月9~12日に県内で開かれる第32回全国健康福祉祭「ねんりんピック紀の国わかやま2019」でソフトボール競技の開催地となっている和歌山県紀の川市の実行委員会の設立総会と第1回総会が27日、同市の粉河ふるさと [...]

続きを読む>>


たわわな実が成長中 下津の斜面でキウイ

 和歌山県海南市下津町の東部、仁義地区は日当たりと水はけの良い急斜面が広がり、果樹栽培が盛んな地域。現在は5月上旬の受粉期を終えた小ぶりのキウイがたわわに実っている。実は、毎日続けられる栽培農家の細やかな農作業で、秋には [...]

続きを読む>>


平均85歳のコーラスも 紀北合唱祭が盛会

 和歌山県の岩出市から橋本市にかけての紀の川沿いで活動する合唱グループによる「第33回紀北合唱祭」が24日、紀の川市粉河の粉河ふるさとセンター大ホールで開かれ、各グループが息ぴったりの合唱を披露した。  紀北合唱連盟が主 [...]

続きを読む>>


水平社宣言を「世界の記憶」に 駒井さん

 部落差別に反対し1922年に「水平社宣言」を起草した人権活動家・西光(さいこう)万吉の活動を学ぶ「西光万吉顕彰会」の第5回総会が24日、和歌山県紀の川市西井阪の井阪文化会館で開かれ、水平社博物館(奈良県御所市)の駒井忠 [...]

続きを読む>>


大賀・ベトナムハスが競演 平池緑地公園

 約2000年前の地層で見つかった種子から広がった「大賀ハス」とベトナムの国花であるベトナムハスが、和歌山県紀の川市貴志川町の平池緑地公園で薄桃色の大輪を咲かせている。  同市の大賀ハスは2007年に和歌山大賀ハス保存会 [...]

続きを読む>>


風呂敷で摘果作業を軽減 下津で取り組み

地域特産品ブランド「蔵出しみかん」の産地で、ミカン栽培の盛んな和歌山県海南市下津町では、収穫管理に必要な摘果時期を迎えている。遮光と高温で効率よく実の生理落果を促す効果を期待し、シートをミカンの木に掛ける方法が採られてい [...]

続きを読む>>


駐車場を拡張へ 紀の川市の井阪文化会館

和歌山県紀の川市は西井阪の井阪文化会館の駐車場の拡張を目指している。開会中の市議会第2回定例会に関係予算として1802万9000円を計上している。 井阪文化会館は鉄骨2階建てで、1997年に建てられた。市人権施策推進課に [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧