海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

歩いて有権者に直接訴え 海南市議選中盤

 海南市議選(22日投開票)は、定数2人超の厳しい選挙戦だが、市民の低調ムードなどから票の動きが見えづらく、先行きは不透明となっている。投票率の低下を危惧する声も多い中、有権者と直接顔を合わせて関心を引きつけようと、選挙 [...]

続きを読む>>


市議選に22人が立候補 2人超で選挙戦へ

任期満了に伴う海南市議選は15日に告示され、定数20に対して現職17人、新人5人の計22人が立候補。22日の投開票へ向けて選挙戦がスタートした。初日は各候補者が有権者の支持を求め、選挙カーでの街宣を中心に運動を展開。市内 [...]

続きを読む>>


採れたてイチゴ計り売り めっけもんで好評

和歌山県紀の川市豊田のJA紀の里ファーマーズマーケットめっけもん広場で、毎年4月恒例のイチゴの計り売りが行われている。語呂合わせで「よいイチゴの日」の15日は、当日朝に同市打田地区で収穫されたばかりの新鮮なイチゴが並び、 [...]

続きを読む>>


海南市議選15日に告示 22人が立候補予定

任期満了に伴う海南市議選が15日に告示される。今回から2減の定数20に対し現職17人、新人5人の計22人が立候補を予定しており、2人オーバーの選挙戦突入が確定的。目立った争点がなく、告示を目前にしても「選挙あるの?」との [...]

続きを読む>>


872人が健脚競う 桃源郷ハーフマラソン

「第13回紀の川市桃源郷ハーフマラソン」が8日、同市花野の紀の川市民公園を発着点に開かれ、県内外から872人が出場。「ハーフマラソン」「3㌔」「ファミリーマラソン1㌔」の3部門で競った。 大会はハーフマラソンからスタート [...]

続きを読む>>


実用性と可能性検証 紀美野の防災ドローン

 和歌山県の紀美野町と、各種情報機器などを手掛ける都築電気㈱(東京都港区、江森勲社長)は、さまざまな機種や機能が開発されているドローンの活用に関し、支援協力関係を締結。両者は防災を主な目的とする同機材の実用性や可能性を、 [...]

続きを読む>>


稚アユ15万匹を紀の川へ 釣りシーズン前に

 初夏の訪れを告げる稚アユの放流が和歌山県内の河川で始まっている。紀の川市やかつらぎ町の紀の川では紀ノ川漁業協同組合(同市桃山町、川口恭弘組合長)が今週から作業を開始し、今月末までに例年と同じ約15万匹を放流する。  稚 [...]

続きを読む>>


ゾーン30を知って 岩出署と小中が街頭啓発

 岩出署は11日、生活道路の交通安全対策として時速30㌔の速度規制を行っている区域「ゾーン30」を啓発する街頭活動を、和歌山県岩出市立第二中学校と中央小学校前で行った。  両校がある同市野上野地区は、道の多くが通学路で、 [...]

続きを読む>>


松源が岩出に新施設 県、市と立地協定締結

 和歌山県内スーパーマーケット大手の㈱松源(和歌山市田屋、桑原太郎社長)は、仕入れから加工、配送までを一貫して行うプロセスセンターなどの新施設を岩出市根来に建設することを決定し、10日に市役所で同社と県、市が立地協定に調 [...]

続きを読む>>


交流と防災の拠点に 大崎区集会所オープン

和歌山県海南市下津町大崎区の新集会所の完成を祝う記念式典が8日に開かれ、訪れた住民ら約30人が施設内を見学し、充実した施設の活用について話し合った。 同施設は、2012年に閉校した大崎小学校校舎の跡地に建設。鉄骨造り平屋 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧