海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

住みやすいまちに重点 海南市18年度予算案

 和歌山県の海南市は15日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比3・4%増の246億6万円で、旧海南市と下津町が合併した05年度以降で3番目に大きい規模となり、特別会計と企業会計を含めた総額は1・8%減の [...]

続きを読む>>


育てた野菜味わって 鞆渕小の7人が販売

 和歌山県の紀の川市立鞆渕小学校の全校児童7人が育てた黒豆やちぢみホウレンソウを販売する特別授業が9日、同市豊田のJA紀の里ファーマーズマーケットめっけもん広場で行われ、大勢の買い物客に鞆渕産の農作物をPRした。  5年 [...]

続きを読む>>


豪華な着物の「福姫」も かじか荘で展覧会

着る機会の少なくなった着物を利用した愛らしいひな人形や小物が並ぶ、「甦りの雛美な」展が、和歌山県紀美野町菅沢のかじか荘で開かれている。開催は4回目で、伝統的な柄を生かした趣のある作品を楽しもうと県内外から多くの人が訪れて [...]

続きを読む>>


みさとホールで町を活性化 3月に体感会

和歌山県内唯一のクラシック音楽専用ホールである紀美野町文化センター「みさとホール」(同町神野市場)の利用を促進し、町の活性化につなげようと、町や県海草振興局などでつくる「みさとホールを活用したまちづくりプロジェクト会議」 [...]

続きを読む>>


弁護士が暴力団の現状解説 那賀暴追大会

暴力のない社会づくりについて考える「第12回紀の川市・岩出市暴力追放市民大会」が6日、和歌山県紀の川市粉河の粉河ふるさとセンターで開かれ、同市出身の山崎和成弁護士が「民事介入暴力の現状について」と題して講演し、自治体職員 [...]

続きを読む>>


紀美野の恵みを提供 茶屋雨山の郷が4年目

山間部の人口減少を憂え、活性化を願う地域住民が立ち上げた飲食施設「茶屋雨山の郷」(和歌山県紀美野町井堰)は、郷土料理や地元産野菜が人気で、営業日の週末には県内外の人が訪れ、にぎわいを見せている。営業開始から4年目を迎え、 [...]

続きを読む>>


モササウルス化石展示 発掘イベントで発見

県立自然博物館(和歌山県海南市船尾)で28日まで、モササウルスの化石発掘調査体験イベントで新たに発見された化石4種類7点が展示されている。 イベントは有田川町で過去に発見されたモササウルスの化石について、発掘調査の一部を [...]

続きを読む>>


「想定外の事態は起こる」紀の川市で防災研修

 和歌山県紀の川市職員を対象にした防災研修が2日、同市西大井の市役所で行われ、2011年に釜石市(岩手県)の防災課長として東日本大震災を経験した佐々木守さんが講演し、職員約450人が聴き入った。  釜石市は同県の沿岸部に [...]

続きを読む>>


岡﨑、中野さん厚労相表彰 食品衛生と調理で

 飲食店の食品衛生管理の向上や、地域社会への調理師技術の伝達などに尽力し、功績を残した人をたたえる、食品衛生功労者厚生労働大臣表彰、調理師関係功労者厚生労働大臣表彰に、和歌山県海南市から2人が選ばれた。  食品衛生功労者 [...]

続きを読む>>


昭和の生活道具を展示 岩出市民俗資料館

和歌山県岩出市根来の民俗資料館1階企画展示室で26日まで、所蔵品展「くらしを支えた道具」が開かれている。午前9時から午後5時(最終入館は4時半)まで。無料。火曜日休館。 普段は見ることのできない所蔵品を展示し資料を有効活 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧