政治・経済のニュース一覧

お薦め県産品ネット販売 プレミア和歌山

県は24日、お薦めの県産品を割引価格で販売する「プレミア和歌山ネットストア」をオープンした。マグロの刺し身、熊野牛の精肉、梅干しなど、全商品を通常の3割引で販売する。 プレミア和歌山は、県産の農林水産物、加工食品、工芸品 [...]

続きを読む>>


安保法案反対で街頭行動 民主党県連

 集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案が15日にも衆院平和安全法制特別委員会で採決される情勢を受け、民主党県連(代表=岸本周平衆院議員)は13日朝、法案に反対する街頭行動を和歌山市のJR和歌山駅前で行った。  岸 [...]

続きを読む>>


新市民図書館の基本構想明らかに 市議会

 南海和歌山市駅ビルの改築に伴い併設する計画の新しい市民図書館について、市教育委員会は基本理念を「知・情報・交流・くつろぎの拠点」とし、計画を進めていく考えを示した。2日の市議会経済文教委員会で明らかにした。整備に向けて [...]

続きを読む>>


紀陽の松岡新頭取が会見 地域貢献へ決意

㈱紀陽銀行は2日、和歌山市本町の本店で片山博臣会長(68)=前頭取=と松岡靖之頭取(59)=前専務=の就任記者会見を開き、今後の展望などが語られた。ことし5月2日に創立120周年の節目を迎えた同行は、6月26日付で新役員 [...]

続きを読む>>


「たま」に県民栄誉賞を検討 仁坂知事

 6月22日に16歳でこの世を去った和歌山電鐵貴志川線の「たま駅長」について、仁坂吉伸知事は30日の定例記者会見で「県民栄誉賞というのをあげられないか検討している」と明らかにした。  仁坂知事はたま駅長について「和歌山全 [...]

続きを読む>>


官公庁で夏のボーナス 前年より支給増

 官公庁で6月30日、職員に夏のボーナスが支給された。  県の一般職の支給割合は、昨年の人事委員会勧告を受けて給与改定を行ったことにより、昨年6月に比べて0・075カ月分多い平均1・975カ月分。1万6208人(平均年齢 [...]

続きを読む>>


6月県議会が閉会 補正予算など可決

県議会6月定例会は26日、平成27年度一般会計補正予算案など21議案を原案可決、人事案件2件に同意して閉会した。 補正予算はがけ崩れ対策費などで約2870万円を増額するもので、補正後の一般会計は約5871億8320万円に [...]

続きを読む>>


中央市場は防災拠点に 市議会で認識

 平成32年度の供用開始を目指している和歌山市西浜の中央卸売市場の再整備計画について、24日の和歌山市議会本会議の一般質問で危機管理局の宮原秀明局長は「中央卸売市場は津波発生時の一時避難所の機能を有しており、防災拠点にな [...]

続きを読む>>


東洋ライス雜賀社長に発明奨励功労賞

 優れた発明・考案に尽力した人や、発明の指導・奨励・育成に貢献した人などをたたえる平成27年度全国発明表彰(発明協会主催)で、米の総合メーカー「東洋ライス㈱」(本社=東京都、和歌山市黒田)の雜賀慶二社長が発明奨励功労賞を [...]

続きを読む>>


8億6千万円の効果 地方税回収機構

 市町村税、個人県民税などの滞納整理を行う和歌山地方税回収機構は平成26年度の活動実績をまとめた。徴収金額は、税額と延滞金などを合わせて過去2番目に多い6億8757万円で、徴収額に差押えによる保全額を加えると8億6337 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧