政治・経済のニュース一覧

ジャバラに抗肥満効果か ファイブワン研究

 北山村原産のジャバラを使った食品やサプリメントの製造・販売を手掛ける㈱ファイブワン(和歌山市三葛)の坂本正博社長と大阪市立大学の共同研究で、ジャバラの果皮の成分に抗肥満効果が期待できることが分かった。同社は今後5年間を […]

続きを読む>>


ニャンとうれしい贈り物 こたつミカン人気

 御坊市名屋町の㈲中田鶏肉店(中田英樹社長)が運営するインターネットショップ「チキンナカタ」のアイデア商品「猫と、こたつと、思い出みかん」が人気を集めている。  天田や土生産のミカンに、段ボールの猫用サイズのこたつのおま […]

続きを読む>>


欧州で日本酒拡大へ 吉村秀雄商店が最高賞

 ㈱吉村秀雄商店(岩出市畑毛)の日本酒「車坂 山廃純米大吟醸」が、世界最大規模のワイン品評会「ブリュッセル国際コンクール」の日本酒部門で純米大吟醸酒の最高賞「トロフィー酒」に選ばれた。来年2月にベルギーやフランス、イタリ […]

続きを読む>>


投票率は低調26・41% 知事選で18、19歳

 和歌山県選挙管理委員会は、11月25日の県知事選挙での18、19歳の投票状況を発表。県全体の同年代の有権者数1万7786人に対し投票者数は4698人で、投票率は26・41%(全体38・33%)だった。  年代別でみると […]

続きを読む>>


健康長寿に取り組む 尾花市長が新年へ抱負

 和歌山市の尾花正啓市長は26日、ことし最後の定例記者会見で「新元号になったら新しい時代が始まる気がする。平成は人口減少や少子高齢化に向け準備してきた時代。次は運用して立ち向かっていく時代になる。ねんりんピックをきっかけ […]

続きを読む>>


日本IWC脱退表明 7月に商業捕鯨再開へ

政府は26日、クジラ資源の管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を正式に表明した。来年7月から、日本の領海や排他的経済水域で商業捕鯨を再開する方針。 IWCは1948年に発足した国際機関で、82年、資源保護を理由に […]

続きを読む>>


国民の声の受け皿に 立憲民主党県連が発足

 衆参両院の野党第1党、立憲民主党の和歌山県組織が発足した。県連代表に就任した谷口和樹県議(47)=田辺市選挙区=らが20日、和歌山市内で会見を開いて発表し、「数が多ければ何をしてもいい、というでたらめな政権に『違う』と […]

続きを読む>>


大豊作で出荷ピーク 極太たっぷり布引大根

 和歌山県和歌山市布引地区特産の「布引大根」が出荷のピークを迎えている。ことしは天候に恵まれ「大豊作」。来年2月下旬までに、大阪や京都など近畿の百貨店やスーパーに約5000㌧を出荷する。  海岸部の水はけの良い砂地で育つ […]

続きを読む>>


仕事おこしネット きのくに等24信金が参加

 取引先の販路拡大や経営課題の解決に地域の枠を超えて取り組もうと、全国の24信用金庫が参加する「よい仕事おこしネットワーク」が14日、発足した。地元密着型で全国に約7400店舗を持つ「信金ネットワーク」の強みを生かす。和 […]

続きを読む>>


消費増税の賛否で企業の見解二分 県内調査

 帝国データバンク和歌山支店は、来年10月に予定されている消費税率引き上げに対する和歌山県企業の意識調査をまとめた。「予定通り実施すべき」と考える企業は41・3%(全国43・3%)、「延期すべき」「現行の税率8%維持」な […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧