政治・経済のニュース一覧

昨年度末で基金の4割残る 紀の国森づくり税

 開会中の県議会定例会に、県が実施期間を5年間延長する条例改正案を提出している県税「紀の国森づくり税」。同税を積み立てる「紀の国森づくり基金」は、基金を活用して行う公募事業の採択件数が減少傾向にあり、平成22年度末で基金 [...]

続きを読む>>


防災教育徹底へ 群馬大片田教授の講演DVD配布

 県教委は、 東日本大震災の発生時、 徹底した防災教育で多くの児童の命を救った群馬大学大学院の片田敏孝教授の講演DVDを、 県内の幼稚園、 小中高校 (私立含む) 約580校に配るなど、 防災教育の向上に取り組んでいる。 [...]

続きを読む>>


タカショー 横浜、新潟に営業所開設

㈱タカショー

 ガーデニング大手、 ㈱タカショー(本社=海南市南赤坂、高岡伸夫社長)はこのほど、 横浜と新潟に2営業所を開設し、 来年1月6日から本格的に業務を開始する。 同業界は海外に比べてまだまだ発展途上にあるといい、 同社は 「 [...]

続きを読む>>


閉まる時間早い? 片男波の駐車場

 和歌山市議会の12月定例会は8日から、 各常任委員会で審議が始まった。 経済文教委員会では、 同市和歌浦南の市営片男波海水浴場駐車場について 「夕日を見たい人や観光客もいるのに、 午後5時や6時で閉めるのはどうか。 ま [...]

続きを読む>>


目標の35%届かず 審議会等への女性登用率

 県は、 県の審議会などへの本年度の女性委員登用率は32・5%(6月1日現在、 前年度調査は34・6%)と発表した。 女性委員の登用率は3年ぶりに低下、 本年度末までに目標としていた35%以上を達成できなかった。  県は [...]

続きを読む>>


教科書選定委員の氏名の開示検討 和歌山市教委

 和歌山市教委の大江嘉幸教育長は7日、 開会中の市議会定例会本会議で、 非公開としていた学校教科書選定の調査員と選定委員の氏名の開示について 「市情報公開条例の主旨を踏まえ、 (開示のための) 対応をしたい」 と一歩踏み [...]

続きを読む>>


完了は全箇所の1割 「土砂災害警戒区域」指定

 台風12号で約670件の土砂災害が発生した県で、 土砂災害の恐れがある場所に対し、 住民の避難態勢を整備する 「土砂災害警戒区域」 の指定が11月末現在、 全箇所の約1割にとどまっていることが分かった。 同区域の指定は [...]

続きを読む>>


仁坂知事「退くも進むも地獄」 TPPの影響試算

 県は、 日本が環太平洋連携協定 (TPP) に参加した場合と、 しない場合の県内主要産業への影響額を試算した。 参加した場合は農林水産業で年間約136億円の産出額減、 参加しない場合は輸送自動車関連、 電気電子部品など [...]

続きを読む>>


馬券売り場の設置反対 城北小育友会が要望書

地方競馬場外馬券売り場

和歌山市のぶらくり丁商店街にある 「ブリスビル」 に浮上している地方競馬場外馬券売り場設置計画について、 市立城北小学校育友会 (德永宏会長) は7日、 市役所を訪れ、大橋建一市長と市議会の和田秀教議長宛てに設置反対の要 [...]

続きを読む>>


販売方針見直しへ つつじが丘の施設用地

 和歌山市の大橋建一市長は6日、開会中の市議会定例会で、スカイタウンつつじが丘内に設定している医療福祉保健施設用地の販売方針について、「社会情勢を考慮し、抜本的な見直しに取り組み、用途変更を行うことも含め、販売促進に取り [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧