政治・経済のニュース一覧

震災1年 和歌山県の取り組み聞く

 

 東海・東南海・南海地震の恐れがある県では、 東日本大震災の発生から1カ月もたたずに、 防災・減災対策を総点検するスケジュールを立てた。 避難所の見直しなどの 「緊急点検」、 来年度中を想定した 「中期対策」、 国が中央 [...]

続きを読む>>


非正規職員の給与水準全国下位 和歌山市

 和歌山市の非正規職員の給与水準が、全国41中核市の中で下位にとどまっていることが分かった。9日の市議会本会議で貴志啓一議員 (市民クラブ) の一般質問に当局が答えた。  坂本安廣総務局長の答弁によると、 現在の非正規職 [...]

続きを読む>>


南谷池は埋め立てず 和歌山市北部の産廃計画

 和歌山市北部の産廃最終処分場建設計画について、 当初の計画より面積が縮小されることなど、 計画の具体的な変更内容が明らかになった。 計画地内で当初埋め立てるとしていた 「南谷池」 は埋め立てず、 同池を含まない西側部分 [...]

続きを読む>>


「世界ジオパーク」認定目指す 和歌山県

 日本地質百選に選ばれている古座川町の「一枚岩」や「虫食い岩」など、地質遺産に恵まれた紀南地域を自然公園「世界ジオパーク」に認定させようと、県は本格的な取り組みを始める。認定されると観光客の増加などが期待でき、4年後の認 [...]

続きを読む>>


大橋市長「日本トップレベルの市役所目指す」

和歌山市長 大橋市長

 和歌山市の大橋建一市長は1日、 市議会2月定例会本会議で来年度の施政方針を述べた。 3期目の公約として掲げている 「市民力」 「基盤力」 「観光力」 を磨くことに引き続き重点を置き、 「先頭に立つのは私だという強い決意 [...]

続きを読む>>


和歌山県内初 EVタクシー導入

ユタカ交通㈱

 自動車運送業、 ユタカ交通㈱(本社・和歌山市中之島、 豊田英三社長)は1日、 県内初となる電気自動車(EV)タクシーの運行を開始した。 環境に配慮した取り組みとして、 自然豊かな和歌山のエコツーリズムの推進などが期待さ [...]

続きを読む>>


国体基金を設置へ 和歌山市議会に条例案

開会した市議会定例会

 和歌山市議会の2月定例会が24日、 開会し、 市は平成27年の 「紀の国わかやま国体」 の運営費を積み立てる 「市国民体育大会運営基金」 を設置する条例案を提案した。 本年度は一般財源から4億円を積み立て、 26年のリ [...]

続きを読む>>


防災に重点 海南市の新年度一般会計予算案

1202242

 海南市は22日、 総額230億9775万円の来年度一般会計当初予算案を発表した。 新市民病院と、 同市・紀の川市・紀美野町の2市1町で進める広域ごみ処理施設の建設費などで、 前年度比3・9% (8億6808万円) 増と [...]

続きを読む>>


和歌山県議会2月定例会が開会

1202231

 県議会2月定例会は22日開会し、 県は5748億円の平成24年度一般会計当初予算案など84議案を提出した。  冒頭で仁坂吉伸知事は、 西牟婁振興局(田辺市)の職員や、 県民総合健診センター(和歌山市手平)の元職員の業務 [...]

続きを読む>>


紀の川は過去最大、岩出は3年ぶり減 一般会計

 紀の川市は22日、 岩出市は21日、 来年度当初予算案を発表した。 紀の川市の一般会計は過去最高となる前年度比22億8000万円増の332億8000万円。 過去最高の市債発行や新庁舎建設事業に関わる基金の繰り入れなどが [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧