政治・経済のニュース一覧

消費増税の賛否で企業の見解二分 県内調査

 帝国データバンク和歌山支店は、来年10月に予定されている消費税率引き上げに対する和歌山県企業の意識調査をまとめた。「予定通り実施すべき」と考える企業は41・3%(全国43・3%)、「延期すべき」「現行の税率8%維持」な [...]

続きを読む>>


商業捕鯨再開の意見書も 12月県議会が閉会

 和歌山県議会12月定例会は19日、58億394万円を増額する2018年度一般会計補正予算案など40議案を原案可決し、閉会した。  補正予算案は、台風24号などで被害があった漁港施設の復旧や河川、海岸、港湾施設などの改良 [...]

続きを読む>>


参院選に藤井氏擁立へ 連合が一本化を協議

来夏に行われる参院選和歌山選挙区で、連合和歌山が元和歌山弁護士会会長の藤井幹雄氏(58)を擁立する方向で調整を進めていることが分かった。来年1月7日の執行委員会で最終決定後、「新春のつどい」で正式に発表する。 連合和歌山 [...]

続きを読む>>


県決算20年ぶり不認定 漁港工事文書偽造で

和歌山県議会定例会は18日、本会議が開かれ、2017年度の一般会計決算を全会一致で不認定とした。県の決算が不認定となるのは1998年の2月定例会以来、20年ぶり。 本会議で決算特別委員会の坂本登委員長が、昨年度の一般会計 [...]

続きを読む>>


3期ぶりプラス判断 10~12月企業景気予測

 近畿財務局和歌山財務事務所の景気予測調査で、和歌山県内企業の2018年10~12月期の景況判断BSI(前期比「上昇」から「下降」を引いた指数)は7・3となり、ことし1~3月期以来3期ぶりのプラスに転じた。規模別では大企 [...]

続きを読む>>


黄金桃に再起を誓う 台風で苦境の果樹農家

 和歌山県内に甚大な被害をもたらした9月の台風21号の襲来から3カ月。風速50㍍超の猛烈な風は各地に大きな爪痕を残し、農家は苦境に立たされている。紀の川市下丹生谷の果樹農家「たつみフルーツ」の土橋弘幸さん(33)もその一 [...]

続きを読む>>


梅の収穫量が5年ぶり増 日本一は54年連続

2018年の和歌山県産梅の収穫量は7万3200㌧(前年比37%増)、出荷量は7万600㌧(同37%増)で5年ぶりに増加し、過去3番目に多かったことが近畿農政局の統計で分かった。収穫量は1965年産から54年連続日本一とな [...]

続きを読む>>


地域に根差して3度目 ナルデン経産省表彰

和歌山県和歌山市西浜の電器店㈲ナルデン(成瀨静夫代表取締役)が、経済産業省の「製品安全対策優良企業表彰」で銀賞にあたる「技術総括・保安審議官賞」を受賞した。2010年、13年に次ぐ3度目の表彰。地域に根差した「まちの電器 [...]

続きを読む>>


公務員に冬のボーナス 県職員は平均83万円

和歌山県内各自治体の職員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。 県の支給額は、一般職が133億1855万2488円、特別職が8287万7440円で、合計134億142万9928円。一般職1万5980人(平 [...]

続きを読む>>


脳科学で新ビジネス LED関西で長洲さん

経済産業省が実施する女性起業家応援プロジェクト「LED関西」のビジネスプラン発表会で、学習塾経営や教材開発を手掛ける㈱アレック(和歌山県和歌山市塩屋)の長洲有紀子代表取締役副社長(51)が県内で唯一、セミファイナリスト3 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧