政治・経済のニュース一覧

ミカンの病害虫診断アプリ 山東農園が開発

 自社農園や農薬販売などを手掛ける㈱山東農園(和歌山県和歌山市伊太祈曽、硲田孝之代表取締役)が、かんきつ類の病害虫を人工知能(AI)で素早く診断できるスマートフォンアプリ「アグリショット」を開発した。豊富な経験と知識が求 [...]

続きを読む>>


貴志川線で宅配スムーズ 貨客混載スタート

 和歌山電鐵㈱(小嶋光信社長)とヤマト運輸㈱(長尾裕社長)が貴志川線で宅配便を輸送する「貨客混載」が16日にスタートした。  道路が狭く、住宅が密集している和歌山県和歌山市の神前駅周辺での宅配をスムーズに行い、路線を維持 [...]

続きを読む>>


仁坂氏の推薦決める 次期知事選で自民県連

自民党和歌山県連は14日、今秋予定されている知事選を巡る対応について、現職の仁坂吉伸氏(67)を推薦候補に決めた。同日の記者会見で吉井和視幹事長が明らかにした。 知事選を巡っては、仁坂氏が推薦、元参議院議員で自民党県連会 [...]

続きを読む>>


景気DI改善で初の46超え 県内企業調査

帝国データバンク和歌山支店がまとめた1月の和歌山県内景気動向調査によると、企業の景況感を示す景気動向指数(DI)は前月比1・6ポイント増の46・2となり、2002年5月の調査開始以来初めて46を超えた。全国順位は2カ月連 [...]

続きを読む>>


17年度補正は73億円増 2月県議会に93議案

和歌山県は14日、2017年度一般会計補正予算案をはじめ、21日開会の2月定例県議会に上程する議案93件を発表した。 内訳は18年度予算関係が17件、17年度補正予算関係が15件、条例案件が42件など。 補正予算案では、 [...]

続きを読む>>


3年連続減の5535億円 県18年度当初予算案

 和歌山県は14日、総額5535億円の2018年度一般会計当初予算案を発表した。予算規模は前年度比2・1%(120億円)の減少。過去10年で7番目の規模で、3年連続の減少となった。わかやま中小企業元気ファンドの造成終了が [...]

続きを読む>>


ICT教育などに力 県教委分は979億円

 和歌山県の2018年度一般会計当初予算案のうち、県教育委員会所管分は、前年度比0・6%減の979億4111万円となっている。予算の88・2%を占める人件費は、教職員定数の94人減により、7億5467万円(0・9%)減の [...]

続きを読む>>


年末年始の観光客好調 県内主要7カ所

 2017年度の年末年始(12月30日~1月3日)に和歌山県和歌山市や白浜町など県内の主要観光地7カ所を訪れた観光客数は135万7490人で、前年度より3・2%増加し、史上最高だった13年度に次ぐ記録となったことが県観光 [...]

続きを読む>>


はちみつ南高梅ポテチ 県とカルビーが開発

 カルビー㈱と和歌山県は協力し、紀州南高梅を使ったポテトチップス「はちみつ南高梅味」を開発した。19日から、近畿6府県で発売を開始する。9日には同社の伊藤秀二代表取締役社長兼COOが県庁に仁坂吉伸知事を訪ね、商品の販売を [...]

続きを読む>>


事業承継8割が課題と認識 帝国データ調査

 帝国データバンク和歌山支店が発表した「事業承継に関する県企業の意識調査」によると、企業の76・6%が事業承継を「経営上の問題」として認識している一方で、実際に計画を進めている企業は全体の1割程度にとどまっていることが分 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧