政治・経済のニュース一覧

憲法と立憲主義を議論 和大生政治カフェ

若者が政治について考えるイベント「GO VOTE Cafe」が18日夜に和歌山県和歌山市匠町のカフェ「almo」で開かれ、和歌山大学の学生を中心に約20人が参加し、憲法と立憲主義について学習成果の発表や意見交換が行われた […]

続きを読む>>


海外進出をサポート 県庁にジェトロ拠点

 日本貿易振興機構(ジェトロ)の県内拠点「和歌山貿易情報センター」が16日、和歌山県和歌山市小松原通の県庁東別館2階にオープンした。海外展開を志向する企業の支援や外国企業による地域への投資促進をサポートする機関で、県内企 […]

続きを読む>>


ビジネス交流に期待 ベトナム代表団来県

 県内の企業や農業の視察、経済セミナーへの参加などのため、ベトナムのカントー市とロンアン省の代表団が15日から18日まで来県した。和歌山県和歌山市の県庁では仁坂吉伸知事が一行を歓迎し、県とベトナムのビジネスの交流促進など […]

続きを読む>>


思い託す一票を 県選管が投票呼び掛け

22日投開票の第48回衆院選の啓発活動が17日朝、和歌山県和歌山市のJR和歌山駅前で行われ、県選挙管理委員会の職員らが通行人に啓発グッズを配布し、投票を呼び掛けた。 県選管と県明るい選挙推進協議会が主催。雨が降る中、県選 […]

続きを読む>>


雨の週末に訴えの声 衆院選は後半戦突入

 22日投開票の第48回衆院選は14、15日に公示後初の週末を迎えた。雨の中、県内小選挙区の各候補は商業施設前や主要駅前など人通りの多い場所で街頭演説を行い、秋祭りなどのイベント会場を回るなど、有権者との距離を近づける活 […]

続きを読む>>


与党の選挙協力進む 衆院選比例区の戦い

 衆院選は比例区の戦いも熱気を増している。比例単独候補では和歌山県内に地盤を持つ唯一の前職が公明党の浮島智子候補(54)。公明党は、県内3小選挙区で連立を組む自民党候補を推薦、支援する一方、自民支持層にも「比例は公明」と […]

続きを読む>>


それぞれの地域振興策 和歌山2区の政見

 4候補による選挙戦が行われている衆院和歌山2区。各候補は自身の訴えを多くの有権者に届けようと、連日広い選挙区を東奔西走している。人口減少や産業の衰退に悩まされている地域も多く含まれている選挙区であり、地域活性化への考え […]

続きを読む>>


自粛要請に県が意見書 小型クロマグロ漁

 和歌山県は12日、水産庁から太平洋クロマグロ小型魚(30㌔未満)の定置網漁について操業自粛の要請があったことを受け、近く同庁に対して緊急措置を求める意見書を提出すると発表した。  県資源管理課によると、同庁は6日、定置 […]

続きを読む>>


消費増税や改憲で議論 和歌山1区の政見

 22日に投開票される第48回衆院選は、日々情勢が揺れ動いた野党の離合集散劇などの影響で争点が見えにくくなっている。各候補は現在の政治課題をどのように考えているのか。和歌山1区に立候補している共産党新人・原矢寸久氏(66 […]

続きを読む>>


世耕経産相が県入り 和歌山1区に危機感

 衆院選が公示された10日、県選出の世耕弘成経済産業大臣(54)が和歌山1、2区の自民党候補の応援のために県内入りした。1区では「今回の選挙は背水の陣。小選挙区でしっかり勝たなくてはいけない」と危機感を示した。  1区は […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧