政治・経済のニュース一覧

化学業界の安全に貢献 花王がRC優秀賞

 和歌山市湊の花王㈱和歌山工場(松下芳工場長)は、化学業界で無事故・無災害を目指す活動に顕著な功績のあった企業に贈られる「レスポンシブル・ケア(RC)賞」の優秀賞を受賞した。同工場は、化学プラント設備の保安力強化の仕組み [...]

続きを読む>>


森友・日報問題の論点 公文書巡るシンポ

 行政による公文書の管理について考える和歌山弁護士会主催のシンポジウム「公文書は誰のもの?~あらためて国民の知る権利を考える~」が23日、和歌山市小松原通の県民文化会館小ホールで開かれ、弁護士で獨協大学特任教授の三宅弘さ [...]

続きを読む>>


市堀川沿いに水辺焼肉 リノベでオープン

 和歌山市の中心市街地活性化を目指す㈱紀州まちづくり舎(吉川誠人社長)は「肉の日」の29日、同市卜半町のミートビル1階に「水辺焼肉meat×meet(ミート・ミート)」をオープンした。  同店は、遊休不動産の活用を通じて [...]

続きを読む>>


自慢の新商品アピール 商議所12社が発表会

 事業所の販路開拓支援のため、和歌山商工会議所(片山博臣会頭)は23日、会員企業が報道関係者やバイヤーらに自社の新商品・新サービスをPRする合同発表会を、和歌山市西汀丁の同会議所で開き、12社が熱の入ったプレゼンテーショ [...]

続きを読む>>


紀州うめぶた売り出し中 県の畜産物試食会

 食品加工会社の㈱サンフレックス(和歌山市屋形町、藤田哲夫代表取締役)は24日、和歌山の畜産品を使った料理の試食展示会を同市内で開いた。新たに売り出し中の「紀州うめぶた」も提供され、約30人の来場者が舌鼓を打った。  青 [...]

続きを読む>>


災害時の給水確保へ 4町1市が合同訓練

災害発生時に近隣の水道事業者が協力して応急給水するための訓練が21日、和歌山市禰宜の和佐配水池で行われた。 大地震やゲリラ豪雨などで道路が寸断され、取水できなくなった際に近隣の市町村が連携して被災地に給水できるように、和 [...]

続きを読む>>


ミサイル発射に備え 和歌山市が対応訓練

 北朝鮮による弾道ミサイル発射に備え、和歌山市職員の実動訓練が22日朝、市役所や市消防局などで行われ、職員は来庁者の安全確保や情報伝達の手順などを確認した。  北朝鮮は米領グアム周辺への弾道ミサイル発射計画を公表している [...]

続きを読む>>


当初設計案を推進 和歌山市民会館で市長

 和歌山市の尾花正啓市長は18日の定例記者会見で、新市民会館小ホールの基本設計案に対し文化団体から見直しを求める意見が出ていることにふれ、「スピーカーが使えないとか、全く演劇ができないなど、ちょっと誤解もあったのかなと思 [...]

続きを読む>>


尾花市長がイクボス宣言 県内自治体で初

和歌山市の尾花正啓市長は17日、部下の仕事と生活の両立を支援する「イクボス宣言」を行った。自治体トップによるイクボス宣言は県内初。「子育て環境日本一」を目指す市が率先して働き方を見直すことで、全市でワークライフバランスの [...]

続きを読む>>


世界挑戦のものづくり ノーリツ星野社長

写真処理機器の開発・製造・販売を手掛けるノーリツプレシジョン㈱(和歌山市梅原)は、世界がその独自技術を認め、売り上げの75%を海外市場によるものが占める。和歌山を代表するものづくり企業だったノーリツ鋼機から事業を継承し、 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧