政治・経済のニュース一覧

発着・旅客数とも過去最高 8月の関空

 関西エアポート㈱は、関西国際空港の8月の利用状況(速報値)を発表。総発着回数は1万6379回、国際線発着回数も1万1716回を記録し、いずれも単月として過去最高を更新した。国内線発着回数は4663回だった。  同社によ [...]

続きを読む>>


企業とマッチングを 障がい者就職説明会

ハローワーク和歌山(和歌山公共職業安定所)は26日、「障がい者就職面接会」を和歌山県和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で開き、製造業や食品関係、サービス業など27事業所のブースに求職者約100人が来場した。 企業と障害者に出合 [...]

続きを読む>>


衆議院28日に解散 総選挙へ各党準備加速

 安倍晋三首相は25日、28日召集の臨時国会冒頭で衆議院を解散する意向を表明した。再来年秋に予定する消費増税の税収の使途を変更し、少子化対策などに充てると説明。野党側は解散を強く批判しており、森友・加計学園問題や首相の対 [...]

続きを読む>>


首相改憲案の問題語る 弁護士会学習集会

安倍晋三首相が5月に行った憲法改正の提言について考える、和歌山弁護士会(畑純一会長)主催の憲法学習集会「安倍首相の新たな改憲提言について―自衛隊を憲法に書き込む改憲は何をもたらすか―」が20日、和歌山県和歌山市屋形町のル [...]

続きを読む>>


岸本氏が民進から出馬へ 支持者に経緯説明

 民進党の解党を主張し、離党にも言及していた党県連代表の岸本周平衆議院議員(61)は24日、和歌山県和歌山市内で記者会見し、党の現状を巡る認識や離党が取り沙汰された経緯について説明。次期衆院選には民進党から立候補する考え [...]

続きを読む>>


解散総選挙へ臨戦態勢 自民県連が役員会

 自民党県連(会長=二階俊博党幹事長)は23日、役員会を和歌山県和歌山市卜半町の県連事務所で開き、県選出国会議員や県内の党所属地方議員、首長ら約20人が次期衆院選の対応などを協議した。  役員会は冒頭を除き、非公開で開催 [...]

続きを読む>>


和歌山のカフェ初出店 越前屋俵太さん企画

 俳優の佐々木蔵之介さんの実家で京都の酒蔵・佐々木酒造(佐々木晃代表取締役)と書動家・俵越山ことタレントの越前屋俵太さんのコラボレーションイベント「蔵酒場 佐々俵」が16日、京都市上京区の同酒蔵で開かれ、和歌山県和歌山市 [...]

続きを読む>>


女性タクシードライバーを支援 第一交通

 タクシー事業所の和歌山第一交通㈱(和歌山県和歌山市福島、高野福巳社長)は、女性が働きやすい職場環境の充実を図ることを目的に、約1年前から県内で初めて2年契約の女性固定給タクシードライバーを募集。現在は5人の女性ドライバ [...]

続きを読む>>


寺本氏が4選出馬を表明 紀美野町長選

和歌山県紀美野町の寺本光嘉町長(72)は20日、任期満了(来年2月4日)に伴う次期町長選に4選を目指して立候補する意向を表明した。町長選への出馬表明は初めて。 同日の町議会本会議一般質問の答弁で明らかにしたもので、寺本町 [...]

続きを読む>>


市長が計画に疑問 和泉山脈の太陽光計画

和歌山県和歌山市北部の和泉山脈に大規模な太陽光発電設備を設置する計画について、尾花正啓市長は19日の市議会本会議で「私自身計画に対し疑問を感じる。和泉山脈の南斜面がソーラーパネルで埋め尽くされるのは望ましくないと思ってい [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧