政治・経済のニュース一覧

岩出市長選へ 中芝氏が事務所開き

25日告示、10月2日投開票の岩出市長選に立候補を表明している現職の中芝正幸氏(73)は10日、同市宮に後援会事務所を開いた。 事務所前のホテルいとう駐車場で開いた事務所開きには支援者ら約380人が出席した。後援会山崎地 [...]

続きを読む>>


日本年金機構事務センター 大阪に統合へ

総務省統計局の一部県内移転が決まる中、厚生労働省所管の日本年金機構和歌山事務センター(和歌山市本町)が9月末で廃止される。 現在、正規職員と契約職員合わせて90人弱が勤務。約半数は契約職員のため、廃止に伴い契約解除になる [...]

続きを読む>>


女性起業家3人が本音トーク 交流カフェ

 日本政策金融公庫は3日、起業に興味を持つ女性が交流できるセミナー「女性起業家応援カフェ」を、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で開き、30代を中心とする約40人の女性が参加し、学び合った。  同公庫和歌山支店の金子英一郎支店 [...]

続きを読む>>


3大学誘致推進を 和歌山商議所が市に要望

来年4月の市立伏虎義務教育学校開校後の本町小学校や伏虎中学校の跡地活用に関連し、和歌山商工会議所の片山博臣会頭らは8日、市役所を訪れ、3大学誘致構想の推進を求める要望書を尾花正啓市長に手渡した。 伏虎中跡地の活用を巡り、 [...]

続きを読む>>


和歌山発展へ連携 青年5団体初の交流例会

和歌山商工会議所青年部(和歌山YEG、嶋田知記会長)は5日、県内で活動する経済団体などの青年組織4団体と合同で、初めての「交流例会」を開いた。和歌山市七番丁のダイワロイネットホテル和歌山に約130人が集まり、各団体の活動 [...]

続きを読む>>


伏虎中跡地活用の議案提出 9月市議会開会

和歌山市議会の9月定例会が7日に開会し、来年4月の市立伏虎義務教育学校開校後の現伏虎中学校跡地への県立医大薬学部誘致に関し、土地の無償貸与の条件を設定する特別措置条例制定議案などが上程された。 同案について小林亮介財政局 [...]

続きを読む>>


統計局の一部を県内移転へ 県は独自プラン

政府は2日、地方創生の一環で検討を進めてきた国の機関の地方移転について、総務省統計局の業務の一部を県に移す方針を発表した。統計作成などの中核事務は東京に残し、民間や自治体にデータを活用してもらう二次利用に関わる業務の拠点 [...]

続きを読む>>


緊急時の事業継続を 中央会がBCP研修会

全国各地で災害が相次ぐ中、危機的状況下での行動を事前に策定する事業継続計画(BCP)について学ぶ「事業継続マネジメント(BCM)研修」(県中小企業団体中央会主催)が1日、和歌山市屋形町のルミエール華月殿で開かれ、企業の災 [...]

続きを読む>>


医大薬学部の議論具体化へ 準備委が初会合

 統合後の和歌山市立伏虎中学校跡に設置が検討されている県立医科大学薬学部について同医大は1日、第1回薬学部設置準備委員会を開き、岡村吉隆理事長(学長)ら委員7人が出席し、学部運営の方針など具体的な議論が始まった。  会合 [...]

続きを読む>>


障害者への配慮実践 和歌山・鳥取が協定

障害の特性を理解し、障害のある人への手助けや配慮を実践する「あいサポート運動」に県が本年度から参加するに当たり、同運動発祥地・鳥取県と協定を結ぶ「あいサポート運動キックオフセレモニー」が8月31日、和歌山市のホテルアバロ [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧