【AR】の付いた記事はパソコンの画像にアプリをかざすと、
動画をご覧いただけます

文化・暮らしのニュース一覧

城の歴史再発見 天守閣再建60周年企画展

 和歌山城天守閣再建60周年を記念し、和歌山市立博物館(湊本町)は14日から、夏季特別展「和歌山城 再発見!」を開く。豊臣秀吉が紀州を平定した頃から、浅野家や紀州徳川家が敷地を広げた江戸時代前後、明治時代まで約300年の [...]

続きを読む>>


真夏に涼を感じて 文協華道部の生け花展

 和歌山文化協会華道部の生け花展「第38回花のきらめき展」が15日まで、和歌山県和歌山市の県民文化会館で開かれ、夏の花々で生けられた清涼感漂う作品に来場者が見入っている。  嵯峨御流、未生流など各流派の垣根を越え、71人 [...]

続きを読む>>


市長賞に廣田さんら 第67回市展入賞者

 4会期に分け、8月5日まで和歌山市民会館で開催中の第67回市美術展覧会(市展)の各部門の入賞者は、次の皆さん。表彰式は8月26日に市役所で行われる。  【洋画】市長賞=廣田敦子(紀の川市)▽市議会議長賞=乾昌子(和歌山 [...]

続きを読む>>


市展始まる 第1期は日本画・工芸・いけ花

第67回和歌山市美術展覧会(市など主催)が11日、伝法橋南ノ丁の市民会館で始まった。 初日には来賓や審査員を迎えてテープカットが行われ、尾花正啓市長が「高校生から熟練した年齢層まで幅広く力作ぞろい。国民文化祭や新市民会館 [...]

続きを読む>>


独身農業男性と交流 海南で婚活イベント

 旬のブルーベリー収穫やバーベキューなどを通して独身の農業青年と女性が交流するイベントが29日、海南市内で開かれる。参加費2000円。  和歌山地方農村青年交流促進協議会と和海地方4Hクラブ連絡協議会が主催。昨年は4組の [...]

続きを読む>>


進化する捜査語る 近大で県警本部長が講演

 和歌山県警の宮沢忠孝本部長は4日、紀の川市の近畿大学生物理工学部で講演し、遺伝子工学などを専攻する学生約170人に、科学・通信技術の発達に伴い進化している犯罪捜査の方法などについて話した。  同学部は県警と連携して交通 [...]

続きを読む>>


分野を超えて共演 8日まで文協美術工芸展

和歌山文化協会(森本光子会長)美術工芸部の第56回展が8日まで、和歌山県和歌山市湊通丁北のホテルアバローム紀の国2階ギャラリー龍門で開かれている。 38人が1人1点ずつ、日本画や洋画、木版画、工芸、書道、写真、水墨画、俳 [...]

続きを読む>>


和歌の浦の六景 中尾さん南コミセンに寄贈

和歌山県和歌山市三葛の洋画家、中尾安希さん(76)が、和歌の浦の風景を描いた500号の油彩画の大作「和歌の浦うるはし 六景めぐり」(400㌢×160㌢、6点)を、このほど開館した南コミュニティセンター(同市紀三井寺)に寄 [...]

続きを読む>>


クラシックって? 7日子ども大学に澤学長

 小学生を対象に、大学の講堂で大学レベルの学びを提供する「親子で学ぶ子ども大学わかやま」(実行委員会主催)が7日午後1時15分から、和歌山県和歌山市栄谷の和歌山大学で開かれる。  昨年12月の開催に続き2度目。今回のテー [...]

続きを読む>>


温もりある石と木 松崎、多田さん2人展

ちょこんとたたずむ石彫や、温かみのある木工作品。手によって生み出された作品の展覧会「石と木と」が7日まで、和歌山県和歌山市十二番丁のMsギャラリー12番丁で開かれている。 出品者は京都市の石彫作家・松崎勝美さん(58)、 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧