文化・暮らしのニュース一覧

小中学生が切り取る世界 貴志・今福写真展

和歌山市立貴志中学校と今福小学校の写真部による作品展が十一番丁のギャラリーTENで開かれている。24日まで。 今福小の校務員で、貴志中にも勤務していた山下仁さんが技術指導を行う2クラブが初めて合同で行う作品展。発足2年目 [...]

続きを読む>>


埴輪設置し復元整備完成 風土記の丘の古墳

和歌山県立紀伊風土記の丘(和歌山市岩橋)が進めてきた6世紀の前方後円墳「前山A58号墳」の復元整備が完成し、10日に記念セレモニーが行われた。出土した埴輪(はにわ)の実物大レプリカを墳丘に設置し、古墳時代の首長やみこ、埴 [...]

続きを読む>>


山﨑さん書道ライブも とらふす記念演奏会

和歌山で活動するクラシック音楽家らによる本紙のリレー連載「とらふすクラシック」の100回記念コンサートが21日に迫った。当日は、連載の題字を担当する海南市の書家・山﨑瀟さん(65)が開演前に書道パフオーマンスを行う。 「 [...]

続きを読む>>


1年間の成果展示 16日まで和歌山市民大学

2018年度和歌山市民大学の受講生による作品展が16日まで、伝法橋南ノ丁の市民会館展示室で開かれている。 本年度の同大学は28講座を開設し、1、2年生の925が交流しながら学びを深めている。作品展は1年間の学習成果を発表 [...]

続きを読む>>


鈴木屋敷復元の成功願い ゆかりの謡曲奉納

全国に約200万人いるとされる鈴木姓のルーツ・和歌山県海南市の藤白神社境内にある「鈴木屋敷」復元へ機運を高めようと、東京の観世流能楽師・鈴木啓吾さんが10日、鈴木姓にちなんだ謡曲を同神社拝殿で奉納した。 鈴木屋敷は老朽化 [...]

続きを読む>>


名勝和歌の浦でゆったり 30、31日桜まつり

春らんまん、いよいよ桜が咲き誇る季節の到来。和歌山県和歌山市和歌浦中の玉津島神社と県公館で30、31の両日、満開の桜ととともにハイキングや演奏会、短歌などを楽しむ「第6回名勝和歌の浦桜まつり」が催される。春の和歌浦で、ゆ [...]

続きを読む>>


徳川頼宣の御膳を再現 海南・海草調理士会

海南・海草調理師会(中岡勲会長)の会員らが進めてきた、初代紀州藩主・徳川頼宣に献上された料理を再現するプロジェクトで、約20種類の献立やレシピが決まり、5日に紀州徳川家の菩提寺・長保寺(和歌山県海南市下津町上、瑞樹正哲住 [...]

続きを読む>>


いきいきシルバー美術展 11日までビッグ愛

和歌山県和歌山市手平の和歌山ビッグ愛1階展示ホールで11日まで、紀の国いきいき健康長寿祭「シルバー美術展」が開かれている。 県社会福祉協議会が主催。高齢者の文化活動を促し、生きがいづくりを推進することを目的に毎年開催して [...]

続きを読む>>


自由な書風を楽しんで 11日まで書人会展

書道団体「書人会」(角岡竹石代表)の第55回展が11日まで、和歌山市の和歌山県民文化会館特設展示室で開かれている。 同会は1954年に発足し、65年の歴史がある。趣味で書を楽しむ人から指導者まで14人が漢字や仮名、近代詩 [...]

続きを読む>>


大筆使い迫力の書 和歌山市民大学で初挑戦

和歌山市の市民大学の初級書道(漢字)の受講生は5日、西汀丁の中央公民館で、講座の一環として大筆を使った書の大作に挑戦。墨のしぶきや、かすれにも味わいのある個性豊かな作品を完成させた。 受講生は40代から80代までの20人 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧