文化・暮らしのニュース一覧

「那智の田楽」登録へ ユネスコ無形文化遺産

「那智の田楽」登録へ ユネスコ無形文化遺産

 那智勝浦町に伝わる民俗芸能 「那智の田楽」 (国指定重要無形民俗文化財)が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の 「無形文化遺産」 として登録されることが5日(日本時間6日)、 パリで開かれた政府間委員会で決議された。 [...]

続きを読む>>


注目の指揮者迎え 16日「第九」第40回記念講演

下野さん㊨の指導を受ける団員

 40回記念となる和歌山 「第九」 合唱団 (山本光子団長) の 「ベートーベン交響曲第九番演奏会」 が16日午後2時半から、 和歌山市民会館大ホールで開かれる。 今回の指揮者は世界で注目されている若手で、 和歌山第九初 [...]

続きを読む>>


今福の増田さんが日本画展

「サバンナの風」㊨や「メーキャップ」と増田さん

 日本美術院院友の日本画家、 和歌山市今福の増田淑子さん (58) の地元では2回目9年ぶりとなる個展が10日まで、 同市湊通丁北のホテルアバローム紀の国ギャラリー龍門で開かれている。  増田さんは清水達三さんに師事し、 [...]

続きを読む>>


マッチ棒11万本で「熊野那智大社」

完成した熊野那智大社

 マッチ棒を使って歴史的建造物を表現している紀の川市藤崎の花田安雄さん (74) が、 約11万本を使った大作 「熊野那智大社」 を完成させた。 21日に同神社に奉納する。 マッチの使用数は昨年完成した 「熊野速玉神社」 [...]

続きを読む>>


80歳過ぎから写真始めた北村さん、初個展

激しく砕け散る水しぶきに点々と虹色がきらめく作品と北村さん

 和歌山市関戸の北村廣造さん(85)が22日まで、 同市宇須のギャラリー花畑で初めての写真展 「風・海・光」 を開いている。 80歳を過ぎてから写真を始めた北村さんだが、 すでに全国的なコンテストや県展などで入賞入選して [...]

続きを読む>>


新報賞の小川さんら表彰 和歌山弁俳句・川柳大会

入賞者の皆さん

 「第23回和歌山弁俳句・川柳大会」 (和歌山新報社主催)の表彰式が14日、 和歌山市福町の本社会議室で行われ、 新報賞に輝いた小川史佳さん(粉河高1年)ら6人に津村尚志会長から表彰状と副賞が贈られた。  津村会長は 「 [...]

続きを読む>>


池ノ上さんに徳川宗敬賞 日本漆工協会

徳川宗敬賞を受賞した池ノ上さん

 400年以上生産が途絶えていた 「根来寺根来塗」 の復興に尽力したとして、 岩出市の塗師・池ノ上曙山さん (53) が日本最大の漆工団体、 日本漆工協会 (東京都、 三井之乘会長) から 「徳川宗敬賞」 を受けた。 池 [...]

続きを読む>>


「先覚文化功労者顕彰」に大橋元知事

楠山会長から顕彰状を贈られる大橋和歌子さん㊥

 文化とスポーツを通して県民に夢と希望を与えたとして、和歌山文化協会(楠山繁会長)は本年度の第63回先覚文化功労者顕彰に、昭和42年から3期県知事を務めた大橋正雄さん(1918~75)を選んだ。12日に和歌山市のホテルア [...]

続きを読む>>


創立100周年記念展 13日まで「木国写友会」

木国写友会の皆さん。 前列右から2人目が島村会長

 「木国(もっこく)写友会」(島村安彦会長)の創立100周年記念第77回写真展が13日まで、 和歌山市本町の複合商業施設フォルテワジマ2階ギャラリーで開かれている。  大正元年(1912)に和歌山で生まれた同会は、 現在 [...]

続きを読む>>


芸術と花の競演 4日まで文協・総合美術展

2人1組で一つの世界を表現している

 和歌山文化協会 (楠山繁会長)の「第59回総合美術展」 が4日まで、 和歌山市の市民会館展示室で開かれている。 同会会員の絵画や書、 写真や工芸、 俳句などの作品に華道部員が花を生け、 2人1組でテーマに沿って構成する [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧