文化・暮らしのニュース一覧

アバロームで秋季・総合茶道具展

 「秋季・総合茶道具展~一滴水 感謝」が30日まで、和歌山市湊通丁北のホテルアバローム紀の国ギャラリー龍門で開かれている。11月から始まる「炉」の季節の茶道具全般が紹介されている。  作品は、即全作「交趾写寿字唐草末広水 […]

続きを読む>>


日本画家の成願さん 24日までふるさと初個展

 和歌山市出身、 京都市在住の日本画家・着物図案家の成願 (じょうがん) 義夫さん (57) が24日まで、 同市十二番丁のMs (エムズ) ギャラリー12番丁で県内初個展を開いている。  成願さんは県立和歌山工業高校工 […]

続きを読む>>


障害者アートの拠点オープン 美園町

 障害者アートの拠点施設 「アートサポートセンターRAKU (らく)」 が15日、 和歌山市美園町にオープンした。 一般社団法人 「共助のまちづくり協会」 (島久美子理事長) が作業所やNPO法人わかやまNPOセンターな […]

続きを読む>>


へら竿の伝統引き継ぐ 橋本の城さん表彰

 第36回国際キワニス日本地区年次総会和歌山大会が7日、 和歌山市のモンティグレ (ダイワロイネットホテル和歌山) で開かれ、 地道な努力で日本の伝統工芸の伝承に貢献している工芸家・職人をたたえる 「日本キワニス文化賞」 […]

続きを読む>>


池坊550年祭 華やかに和歌山県支部展

 池坊県支部(森本逸子支部長)主催のいけばな展「550年から輝け未来へ」が9日まで、和歌山市の和歌の浦アート・キューブで開かれている。  聖徳太子の時代に始まったとされる「池坊」が、文献に登場しことし550年になるのを祝 […]

続きを読む>>


バレエ指導60年 佐々木代表のげき飛ぶ

 60年間、指導者として和歌山のバレエ界を支えてきた「かつらぎバレエ研究所」(和歌山市本町などで開講)の佐々木澄子代表(86)が、10月8日に市民会館で開く同教室60周年記念公演を最後に第一線を退く。昭和26年、雄湊幼稚 […]

続きを読む>>


海上自衛隊全艦種の寄贈目指す、水彩画家の志磨隆さん

 和歌山市五番丁の水彩画家・志磨隆さん (69) が、 8年前から海上自衛隊や海上保安庁、 米海軍、 米軍沿岸警備隊などに船艦の絵の寄贈を続けている。 寄贈作品は現在40を数え、 秋には米海軍横須賀基地の原子力空母ジョー […]

続きを読む>>


湯浅の嶋本さん優勝 世界和太鼓一人打ちコンテスト

 和歌山、 海南両市で教室を主宰する和太鼓奏者の嶋本龍さん(36)=湯浅町=が、 長野県岡谷市で開催された世界和太鼓一人打ちコンテストで優勝。 最優秀の文部科学大臣賞を受賞した。 初めて手にした全国的なタイトル。 「お世 […]

続きを読む>>


9月1日~田中恭吉生誕120年記念展 近大美術館

 珠玉の作品を残し23歳で死去した和歌山市生まれの画家・田中恭吉(1892~1915)の、生誕120年を記念する展覧会が9月1日から10月14日まで、同市吹上の県立近代美術館で開かれる。雑誌『月映(つくはえ)』のための木 […]

続きを読む>>


夏目漱石の戦争観、恋愛観 研究者ら意見交換

 夏目漱石の小説『趣味の遺伝』をめぐる「漱石と和歌山シンポジウム」が18日、和歌山市の和歌山ビッグ愛で開かれた。「和歌山漱石の会」が主催。同会の広岡茂久さん(83)と梶川哲司さん(60)、同会主宰で天満天神繁昌亭支配人の […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧