社会のニュース一覧

自覚と感謝を胸に 県内各地で新成人が誓い

和歌山県内各地で13、14日、新成人の門出を祝う式典が行われた。本紙エリアでも実施済みの和歌山市を除く紀の川市、岩出市、海南市、紀美野町の3市1町が晴れの日を迎え、各会場ではスーツや振り袖姿の新成人が首長らから激励の言葉 [...]

続きを読む>>


和高専が優秀賞 サイエンスキャッスル関西

 関西エリアの中学・高校や高専(3年生以下)の生徒による大規模な科学コンテスト「サイエンスキャッスル2018関西大会」(㈱リバネス主催)が昨年暮れ、大阪市の明星中学・高校で開かれ、和歌山工業高専(御坊市、角田範義校長)物 [...]

続きを読む>>


東京2020フラッグツアー 2月3日県文

 東京2020オリンピック・パラリンピックのフラッグが全国を巡回するツアーが2月3日午後1時半から、和歌山市小松原通の県民文化会館大ホールで開かれる。関連イベントのフラッグ歓迎コンサートも同時開催。  両大会への機運情勢 [...]

続きを読む>>


真冬を彩る赤い花 片男波公園のツバキ見頃

 和歌山市和歌浦南の片男波公園でツバキが咲いている。2月ごろまで見られる。  ツバキはツバキ科の常緑高木。つややかな濃い緑の葉が特徴で、深い赤色の花を咲かせ、葉とのコントラストが美しい冬を代表する花となっている。  同公 [...]

続きを読む>>


向陽3・98、桐蔭3・6倍 県立5中の出願

 県教育委員会は11日、県立中学校5校の2019年度入試の出願状況を発表した。定員は向陽、桐蔭、田辺が各80人、古佐田丘、日高高付が各40人。出願倍率は向陽3・98倍(前年度3・91倍)▽桐蔭3・6倍(同3・15倍)▽田 [...]

続きを読む>>


1月13日付

◆新発見の縁起絵巻も 県博で熊野と和歌浦展 ◆和高専が優秀賞 サイエンスキャッスル関西 ◆加太と葛城修験の世界 和大紀州研で特別展 ◆東京2020フラッグツアー 2月3日県文 ◆真冬を彩る赤い花 片男波公園のツバキ見頃 [...]

続きを読む>>


2月に広場西側着工 和歌山市駅前の再開発

再開発が進む南海和歌山市駅前広場の再整備工事が2月に始まる。 市駅周辺には第1期工事で2017年にオフィス棟が完成し、駅構内の改札が2階から1階に移動した。昨年4月に第2期工事に入り、市民図書館が入る公益施設棟、飲食、物 [...]

続きを読む>>


土日祝日も会える 和歌山城の2頭の紀州犬

和歌山県和歌山市の和歌山公園動物園で行われている紀州犬「皐月(さつき)」と「絢芽(あやめ)」とのふれあい体験が今月から、土日曜と祝日にも拡大し、ほとんど毎日ふれあえるようになった。 ふれあい体験は、三重から和歌山県にかけ [...]

続きを読む>>


ぶらくりにてるてる坊主 付属中アートPJ

和歌山大学付属中学校(和歌山県和歌山市吹上、矢野勝校長)の3年生によるアート・プロジェクト「あした天気になぁーれ!」が15日まで、同市のぶらくり丁で開かれている。 卒業を控えた3年生による卒業制作で、ことしで9回目。昨年 [...]

続きを読む>>


10人が搬送 JR駅ビル地下で異臭騒ぎ

和歌山県和歌山市のJR和歌山駅商業ビル「和歌山MIO」の地下1階で9日午後に発生した異臭騒ぎで、同日夜までに、喉の痛みや体調不良を訴えた20代から70代までの男女10人が市内の病院に緊急搬送された。いずれも意識ははっきり [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧