【AR】の付いた記事はパソコンの画像にアプリをかざすと、
動画をご覧いただけます

社会のニュース一覧

和歌山市で写し霊場巡り 三十三所1300年

 日本最古の巡礼路といわれる西国三十三所観音霊場は、本来は近畿2府4県と岐阜県にまたがる寺院を巡るが、有力大名らが居住地域で巡礼ができるように創建した「西国写し霊場」が和歌山市をはじめ各地にある。ことしが三十三所の草創1 [...]

続きを読む>>


太地町舞台の映画 10月県内先行公開へ

 太地町の「くじらの博物館」をメイン舞台に撮影された映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』が完成し、公開を前に、主演俳優の矢野聖人さん(26)、武田梨奈さん(27)らが11日、和歌山県庁で記者会見を行った。矢 [...]

続きを読む>>


夜間の災害対応確認 ドローン使い訓練

 和歌山東署は11日、和歌山県和歌山市川辺の市臨時ヘリポート付近で、災害時における無人航空機(ドローン)を用いた「官民連携による夜間災害警備訓練」を実施。夜間の災害対応を確認した。  和歌山東署や警備部機動隊、県警本部刑 [...]

続きを読む>>


観光客数ほぼ横ばいで過去2位 17年県内

 2017年に和歌山県内を訪れた観光客の総数が約3375万9000人となり、過去最高を記録した2016年に次ぐ数字となったことが県の観光客動態調査(確定値)で分かった。外国人宿泊客数は、世界遺産エリアが過去最高を記録した [...]

続きを読む>>


和歌山城で夕涼み 13~15日お天守夏祭り

 和歌山城天守閣の再建60周年記念イベント「お天守(てんす)夏祭り」が13~15日の3日間、天守閣前の売店「お天守茶屋」で開かれ、ビアガーデンやライブ演奏が楽しめる。  午後4時~9時のビアガーデンは、ライトアップされた [...]

続きを読む>>


街頭啓発や反射神経体感 夏の交通安全運動

 和歌山県と交通事故をなくする県民運動推進協議会が毎年行っている「わかやま夏の交通安全運動」(11~20日)が始まり、初日の11日は和歌山市川辺のイズミヤスーパーセンター紀伊川辺店で、買い物客らに交通事故防止を呼び掛ける [...]

続きを読む>>


ラジオ体操3万人突破 朝のビッグホエール

平日の毎朝、和歌山県和歌山市手平の和歌山ビッグホエール前で行われているラジオ体操の参加者が、6月下旬に延べ3万人を突破した。2014年8月のスタートから、間もなく4年を迎える取り組み。主催する県スポーツ振興財団では「ラジ [...]

続きを読む>>


支え合う高齢社会へ WACわかやま20周年

少子高齢化社会で幅広い世代の交流づくりに取り組むNPO法人WACわかやま(中村富子理事長)の設立20周年記念イベントが和歌山県和歌山市三沢町の中央コミュニティセンターで開かれ、活動の振り返りや講演が行われた。 同法人は1 [...]

続きを読む>>


戦争なき世界を 和歌山大空襲73年の慰霊祭

 和歌山大空襲から73年を迎えた9日、和歌山市戦災遺族会(衣笠幸治理事長)は西汀丁の汀公園で市戦災死者追悼法要を行った。遺族ら約150人が出席し、戦没者の冥福を祈り、次世代を担う若者たちが不戦を誓った。  1945年(昭 [...]

続きを読む>>


非行から立ち直り支援 県警学生サポーター

 非行少年の立ち直りを支援する県警学生サポーター「ブロッサムリーダーズ」の委嘱式が8日、和歌山県和歌山市の県警本部で行われ、新たにサポーターとなる近畿大学生物理工学部の学生15人のうち11人が出席し、非行少年の立ち直り支 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧