【AR】の付いた記事はパソコンの画像にアプリをかざすと、
動画をご覧いただけます

社会のニュース一覧

津波予報の区域拡大 観測システム増設で

 県は21日、地震・津波観測監視システム「DONET(ドゥーネット)」を活用した津波予報の対象区域を、これまでの県内沿岸7市町から沿岸全18市町に拡大し、9月中旬から業務を開始すると発表した。DONETの観測機器が紀伊水 [...]

続きを読む>>


日本遺産の海を満喫 親子セーリング体験

 公益財団法人日本セーリング連盟(河野博文会長)は、海に関わるスポーツや遊びへの理解と関心を高めることなどを目的に、海の日を挟む前後2カ月間で「海と日本プロジェクト」を開催している。同連盟加盟の県セーリング連盟(中井國雄 [...]

続きを読む>>


福嶋商会の施工評価 和歌山市優良工事表彰

 和歌山市が発注した建設工事で他の模範となる受注業者や技術者をたたえる、平成29年度「優良建設工事表彰」の表彰式が21日、市役所で行われ、㈲福嶋商会と監理技術者の垣内泰治さんが表彰を受けた。  同表彰は16年度から行われ [...]

続きを読む>>


郷土発展へ決意新たに 和歌山JC60周年

和歌山青年会議所(JC、水野孝彦理事長)が創立60周年を迎え、記念の式典と懇親会が20日、和歌山市七番丁のダイワロイネットホテル和歌山で開かれた。約400人が出席し、郷土和歌山の発展に貢献してきた歩みを振り返り、明るく豊 [...]

続きを読む>>


亡き息子への愛歌う 啓さんデビュー5周年

海南市小野田の歌手・啓(ひろ)のぶ子さん(71)=キングレコード=は、愛息との突然の別れを描いた楽曲「なぜ…おしえて」を歌い続けている。20日には和歌山市内でデビュー5周年記念パーティーを開き、「命を大切にしてほしい」と [...]

続きを読む>>


明治の航海術を体験 陸奥宗光没後120年

没後120年を迎える和歌山市出身の元外務大臣・陸奥宗光も学んだ明治時代の航海術の体験会が17日、同市の和歌山港で行われた。 勝海舟の進言でつくられた神戸海軍操練所で学んだ陸奥が、坂本龍馬が結成した亀山社中(後の海援隊)で [...]

続きを読む>>


桐蔭高が俳句甲子園初出場 18日~松山市

18日から愛媛県松山市で開かれる第20回俳句甲子園(全国高校俳句選手権大会)に、県立桐蔭高校創作部俳句班が県代表として初出場する。大会に向け同班2年生の7人は俳句を楽しむことをモットーに、優勝を目指して俳句の創作と鑑賞に [...]

続きを読む>>


島木譲二遺品展 31日までスポーツ伝承館

「大阪名物パチパチパンチ」などのギャグで多くのファンに親しまれ、昨年12月に72歳で亡くなったお笑い芸人、島木譲二さんの遺品展が31日まで、和歌山市本町のフォルテワジマ内「わかやまスポーツ伝承館」(江川哲二館長)で開かれ [...]

続きを読む>>


ソマリアでコレラ治療 日赤の医師が報告

アフリカ東部のソマリアで6月末から約1カ月間、コレラの患者の治療に当たり、今月上旬に帰国した日赤和歌山医療センター感染症内科部副部長の古宮伸洋医師(43)の帰国報告会が16日、和歌山市小松原通の同センターで開かれ、現地の [...]

続きを読む>>


「海外」からの手紙を ポルトヨーロッパで

 魅力的なスポットの記念写真を手紙に同封して送るイベント「サプライズ・トリップ・レター(STL)」が和歌山市毛見のポルトヨーロッパで12、13日にあり、19、20日にも開かれる。  自治体や企業など10団体でつくる「ST [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧