社会のニュース一覧

起業を選択肢に 和商で魅力伝える講演会

「起業」を将来の選択肢の一つにしてもらおうと、和歌山県和歌山市砂川南の県立和歌山商業高校(愛須貴志校長)で5日、起業の面白さを伝える講演会が開かれた。 卒業後の進路として、進学や就職の他に起業の選択肢があることを伝え、自 [...]

続きを読む>>


夏休みお天気広場 地方気象台がイオンで

和歌山地方気象台(和歌山県和歌山市男野芝丁)による気象現象を学ぶイベント「夏休みお天気広場」が20、21日に同市中のイオンモール和歌山店で開かれる。 風向風速計や震度計などの気象や地震、津波などの観測測器展示や液状化現象 [...]

続きを読む>>


人間ドラマ描く 『泣くな赤鬼』脚本の上平さん

 夏の全国高校野球選手権和歌山大会の開幕も目前。元高校球児で和歌山市出身のシナリオライター・上平満さん(47)が脚本を手掛けた映画『泣くな赤鬼』が全国の映画館で上映されている。「続けていたことが形になったので、やっとシナ [...]

続きを読む>>


戦争の悲惨さ語り継ぐ 和歌山大空襲74年目慰霊

 和歌山大空襲から74年目を迎えた9日、犠牲者を悼む和歌山市戦災死者追悼法要が西汀丁の汀公園で行われた。戦災遺族会(田中誠三理事長)をはじめ140人以上が参列し、戦没者を弔い平和への思いを新たにした。  和歌山市は太平洋 [...]

続きを読む>>


アルコール依存症克服 奥村さん出版記念講演会

 アルコール依存症を克服した、和歌山県和歌山市の中小企業診断士の奥村和馬さんの講演会が15日午後1時半から、同市三沢町の市中央コミュニティセンターで開かれる。  奥村さんが、自身の体験を基にまとめた『絶望を希望に変える勇 [...]

続きを読む>>


改元効果で大幅増加 GWの観光客108万人

ゴールデンウイーク(4月27日~5月6日、10日間)に和歌山市や白浜町など和歌山県内の主要観光地を訪れた観光客数は108万3500人と好調で、前年より32・6%増加したことが県のまとめで分かった。改元に伴い例年にない長期 [...]

続きを読む>>


起業家の小幡さんを委嘱 和市観光発信人に

和歌山市観光協会は5日、新たな市観光発信人に起業家の小幡和輝さん(24)を委嘱した。市役所で同協会会長の尾花正啓市長から委嘱状と名刺が交付され、小幡さんは「SNSを中心に、和歌山市はいい所なんだと伝えていきたい」と意気込 [...]

続きを読む>>


県代表に下西さん決定 eスポーツぷよぷよ

茨城県で開かれる国体の文化プログラムで行われる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」の和歌山県代表決定戦が6日、和歌山市中のイオンモール和歌山で開かれ、熱戦に会場は盛り上がった。 国体では「グラン [...]

続きを読む>>


10代の献血を増やそう 血液セ向陽高で啓発

和歌山県赤十字血液センター(和歌山市和佐関戸)は8日、県立向陽高校(同市太田)で登校時の生徒へ向けて献血の啓発活動を行った。 同校のJRC(青年赤十字)部の女子生徒たちが協力し、正門前と裏門、駐輪場の3班に分かれ、「献血 [...]

続きを読む>>


看護師救った温山荘園 和歌山大空襲の記憶

 1945年7月9日、和歌山市の約7割が焦土と化し城の天守閣も失われた和歌山大空襲。市内全域の死者1101人のうち6割強の748人が旧和歌山県庁跡で戦火に巻き込まれた。近隣の小松原通にあった和歌山赤十字病院も焼失したが、 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧