社会のニュース一覧

商業施設痛手 ガーデンパーク屋根めくれる

 和歌山市北部の大型商業施設、ガーデンパーク和歌山(和歌山市松江向鵜ノ島)では、屋根の一部がめくれ上がるなどの被害があり、施設の安全確認ができていないため、5日を臨時休業とした。  同施設関係者によると、午後2時ごろ、「 [...]

続きを読む>>


人生の最期を自分らしく 副知事ら啓発劇

 人生の最終段階で患者や家族が医療の意思決定を行うことについて和歌山県民に啓発するイベント「さいごまで自分らしく」が2日、和歌山市小松原通の県民文化会館小ホールで開かれた。下宏副知事が主人公を演じる演劇やシンポジウムがあ [...]

続きを読む>>


駅や列車で演奏会 和歌山線アートトレイン

 JR和歌山線や沿線を高校生の演奏とアートで彩る「アートトレイン」が2日に開かれ、列車内や駅でコンサートが行われた。  同線の利用促進と沿線の活性化を図る「ワカカツ」の一環で、JR西日本和歌山支社と沿線の高校・特別支援学 [...]

続きを読む>>


おいしい肉を屋上で ミートフェス15日まで

 夏の疲れをおいしい肉で吹き飛ばそう――。㈱紀州まちづくり舎(和歌山県和歌山市橋丁、吉川誠人代表取締役)は15日まで、「ミートフェスわかやま」を同市卜半町のミートビル屋上で開催している。  同イベントは、県環境食肉会館共 [...]

続きを読む>>


和歌山信愛大学を認可 来年4月開学が決定

和歌山市は3日、本町小学校跡地(住吉町)への「和歌山信愛大学」の設置が、文部科学省の認可を受けて正式に決定したと発表した。 認可は8月31日付。市が進めている「まちなか3大学」事業としては、ことし4月に開学した東京医療保 [...]

続きを読む>>


なるコミで防災講座 落語や簡易トイレ作り

「防災の日」の1日、和歌山県和歌山市鳴神の宇都宮病院内交流スペース「なるコミ」で防災セミナーが開かれた。災害への備えや、命を守る行動を呼び掛ける落語やワークショップを通して、地域住民ら約80人が防災への意識を高めた。 同 [...]

続きを読む>>


珠算1級に満点合格 宮楠さんが県内唯一

 日本商工会議所主催の第213回珠算能力検定試験(6月24日)で、和歌山市の宮楠遥さん(19)が1級に満点合格した。全国の合格者8938人のうち、満点は32人で、県内では唯一の快挙。宮楠さんは「手応えはありましたが、緊張 [...]

続きを読む>>


成年後見の説明開始 3日~家裁妙寺出張所

 紀の川市の粉河、那賀地区や伊都橋本地域を管轄する和歌山家庭裁判所妙寺出張所(かつらぎ町)で成年後見制度の利用手続きの説明が受けられず、地元の弁護士や福祉関係者が改善を求めてきた問題で、和歌山家裁は3日から、同出張所でも [...]

続きを読む>>


非常袋に歯ブラシを 歯科衛生士会が啓発

 「防災の日」の1日、県歯科衛生士会(山下千穂会長)は、和歌山市のJR和歌山駅前で街頭啓発を行い、災害時の口内ケアの大切さを訴えるチラシやグッズを配った。  同会によると、災害時の避難所生活では、食事の偏りやストレスによ [...]

続きを読む>>


飲酒運転は許さない 根絶県民フォーラム

 飲酒運転の根絶に向けて県民みんなで取り組むことを目的に、和歌山県と県警、交通事故をなくする県民運動推進協議会は8月29日、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で「飲酒運転根絶県民フォーラム」を開き、飲酒運転被害者の講演などに約 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧