社会のニュース一覧

地形観察にVR活用 和大付中で県内初授業

教育現場に最新の技術や機器を導入し、授業の充実を図る取り組みが進められている中、和歌山大学付属中学校(和歌山県和歌山市吹上、矢野勝校長)で12日、VR(バーチャルリアリティー)を使った理科の授業が行われ、1年生が県内各地 [...]

続きを読む>>


紀州漆器のメダル完成 秋のねんりんピック

今秋開催される「ねんりんピック紀の国わかやま2019」の大会メダルが完成し、12日に披露された。 メダルは金、銀、銅と優秀賞(入賞)、参加賞の全5種類。紀州漆器協同組合が制作した。 メダルには公式シンボルマークの他、大会 [...]

続きを読む>>


バナナFMエリア拡大 紀北46万人聴取可能

和歌山県和歌山市のコミュニティFM放送「バナナFM」(87・7MHz)の放送エリアが拡大し、岩出市、海南市の山間部を除くほぼ全域、紀の川市の紀の川沿いや長山団地、有田市と紀美野町、大阪府岬町の一部でも聴けるようになった。 [...]

続きを読む>>


マンモスの細胞核動く 近大ら研究で初確認

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)と同大先端技術総合研究所(海南市)を中心とする国際研究グループは11日、シベリアの永久凍土に眠っていた約2万8000年前のマンモスの化石から取り出した細胞核をマウスの卵子に移植した [...]

続きを読む>>


県立全日0・93倍 19年度高校入試受験状況

和歌山県教育委員会は11日、同日の2019年度公立高校入試の受験状況を発表。学力検査は全体で6556人(全日制6365人、定時制191人)が受験し、欠席は13人だった。 県立全日制(29校4分校62学科)では本出願者60 [...]

続きを読む>>


感謝の気持ちをはがきに サンキュー差出式

「サンキューの日」の3月9日、感謝の気持ちをはがきで伝える「ありがとうメッセージはがき」の差出式が和歌山県和歌山市の和歌山駅前通商店街で行われた。 NPO紀州お祭りプロジェクト(西平都紀子代表)が主催、同市内の郵便局が協 [...]

続きを読む>>


和歌山南スマートIC開通 アクセス道路も

和歌山県と西日本高速道路㈱(NEXCO西日本)が和歌山市森小手穂に建設を進めてきた阪和自動車道「和歌山南スマートインターチェンジ(IC)」が10日、開通した。小雨が降る中、地権者や地元住民、行政関係者ら1000人以上が式 [...]

続きを読む>>


備えと早期避難重要 南海トラフ地震シンポ

東日本大震災から8年を迎えるのに合わせ、南海トラフ巨大地震について考える気象庁など主催のシンポジウムが10日、和歌山県和歌山市小松原通の県民文化会館小ホールで開かれた。同地震と東日本大震災の比較や、求められる対策などにつ [...]

続きを読む>>


県内公立高校の入試始まる 合格発表は19日

和歌山県内公立高校の2019年度入学試験が11日、全日制31校4分校67学科、定時制10校13学科で一斉に行われた。 この日は学力検査を実施。午前に国語、社会、数学、午後から理科と英語の試験が行われた。 和歌山市太田の県 [...]

続きを読む>>


社会参加体験を文集に 県警が市教委に寄贈

和歌山県警本部少年課が社会活動に参加した児童生徒の感想文をまとめた文集「社会参加活動を体験して」の本年度版が完成し、6日に和歌山市教育委員会の原一起教育長に寄贈した。 文集作製は今回で15集目。児童虐待防止やマナーアップ [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧