社会のニュース一覧

和歌山県内の小学校で終業式

受け取った通知簿を見る児童ら

 県内のほとんどの小学校で22日、 終業式が行われ、 子どもたちの待ちに待った冬休みが始まった。  和歌山市広瀬中ノ丁の市立広瀬小学校(栂野芳作校長)では、 全児童186人が式に出席。 栂野校長(53)は慌ただしかった2 [...]

続きを読む>>


自治体初の広告トラックで復興PR 和歌山県

「そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン」 第2弾

 県は来年1月20日から2月2日まで、 首都圏大規模誘客イベント 「そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン」 第2弾を実施する。 紀伊半島大水害復興キャンペーンも兼ねており、 復興した元気な和歌山をPRしようと、 全国 [...]

続きを読む>>


幼児向けの新施設完成 こども科学館

和歌山市立こども科学館

 和歌山市立こども科学館 (寄合町) の2階に、 幼児 (2~6歳) 向けの新施設 「わくわくたいけんひろば」 が完成した。 同館が幼児を対象にした本格的な科学展示をするのは初めて。 クリスマスイブの24日から使えるよう [...]

続きを読む>>


台風12号被災者の事業再開を補助 和歌山県

 県は、台風12号で被災した県内事業者の事業再開を支援するため補助金を交付する「地域企業等事業再開支援事業」を創設した。補助対象経費(100万円~2000万円)の10分の1を補助する。1月20日まで申請を受け付ける。県商 [...]

続きを読む>>


セーラー服はグレー 和歌山北高の新制服

新しい制服

 来年4月に県立和歌山西高校と県立和歌山北高校が統合して開校する「県立和歌山北高校」の新しい制服のデザインと校章が決まった。  女子生徒の制服は、グレーのセーラー服に2本のラインが施されており、シルバーグレーのリボンを着 [...]

続きを読む>>


子育て応援ブックを電子書籍化へ 和歌山市

スマートフォンでも見られるように「子育て応援ブック」を電子書籍化する

 和歌山市は来年3月末までに、子育て総合情報誌「つれもて子育て応援ブック」を電子書籍化する。スマートフォンやパソコンなどを使って、「いつでもどこでも見られる」ようにする。市の発行物を電子書籍化するのは初めて。予算は、30 [...]

続きを読む>>


原告、上告しないよう市に申し入れ 24時間介護訴訟

会見で申し入れについて説明する長岡弁護士㊧

 和歌山市の重度障害者の男性が市に24時間介護を求めた裁判で、大阪高裁が和歌山地裁の1審に続き市に介護時間の拡大を義務付けたことを受けて、原告側は19日、市に上告しないよう申し入れ書を提出した。  大阪高裁は14日の判決 [...]

続きを読む>>


和歌山駅ホームにクリスマスソング響く

和歌山信愛女子短期大学

 和歌山信愛女子短期大学(和歌山市相坂、 森田登志子理事長)の学生で構成する聖歌隊が18日、 和歌山電鐵㈱の和歌山駅ホームで、 初めてクリスマスソングを披露した。 同社が電車内で子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るイベ [...]

続きを読む>>


水環境の保全に貢献 紀の川市の高田さん表彰

平成23年度水・土壌環境保全活動功労者表彰式

 水・土壌環境の保全に功績があった人をたたえる環境省の 「平成23年度水・土壌環境保全活動功労者表彰式」 が19日、県庁で行われ、 紀の川市の高田亮平さん (74) に表彰状が贈られた。  高田さんは、 県環境生活部の保 [...]

続きを読む>>


子育ての実体験基に ママ8人が絵本手作り

和歌山こどもの広場

 和歌山市美園町のNPO法人和歌山こどもの広場 (橋口千代子理事長) は今月、 市内で子育て中の母親8人と協力して作った絵本 「子育てママの絵本」 (A5サイズ、 80㌻) を初めて発行した。 絵本は温かみのあるかわいら [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧