社会のニュース一覧

和歌山城市民茶会始まる 16日まで

和歌山城市民茶会

 和歌山城市民茶会 (同実行委主催) が15日、 始まった。 和歌山城西の丸広場で開く予定だったが、 前日から降り続いた雨の影響で急きょ、 市役所1階ロビーで開催した。 16日まで。  琴の演奏が響く中、 表千家同門会県支部、 裏千家淡交会和歌山支部の2つのブースがあり、それぞれが丁寧にお点前を披露。 訪れた人たちは和菓子と一緒に茶を楽しんだ。  田中海月さん (11) と海鈴ちゃん (5) 姉妹は 「苦かったけど、 おいしかった。 市役所でお茶を飲むのは少し変な感じ」 と笑顔で話していた。

続きを読む>>


出会いと子育て応援サイト開設 和歌山県

ミライ☆キラキラ

 県は13日、男女の出会いや子育てを応援するサイト「ミライ☆キラキラ」を一部オープンした。グループで会員登録することが条件のため友人同士で参加できる他、チャットやメール、掲示板などを使ってネット上で交流するのではなく、県内のイベントに参加して実際に交流できるのが特徴。行政がグループ登録制の同様のサイトを運営するのは全国的にも珍しいという。  県子ども未来課によると、全国的な流れで県も年々、晩婚化・少子化が進んでいるという。独身男女の出会いの場をつくり、子育てまでサポートしようとサイトを立ち上げた。  今回は11月末の正式オープンに先駆けて、会員登録しなくても県内で開かれる出会いイベントの予定などを閲覧できる「出会いNAVI」をプレオープンした。会員登録すれば、他の登録会員の情報(ニックネーム、年齢層、似顔絵、アピールポイントなど) や参加を予定しているイベントを知ることができ、イベント会場近くで待ち合わせることができる。  登録できるのは、20歳以上の独身で、県内在勤か、県外に通勤する県内在住の人(学生は除く)。2~5人程度のグループであることが条件となる。グループには、代表者か世話人(既婚者でも可能)を一人置く。登録には、会員登録申込書、誓約書、本人確認書類(運転免許証、保険証、パスポートなどのコピー)が必要。同課が、登録者の勤務先に本人確認する。  11月末には会員専用ページと、子育てに役立つ情報を紹介する「子育てNAVI」も開設予定。  同課は現在、「出会いNAVI」の登録に関するパンフレットを作成中。10月下旬から県庁内や県内主要企業などに配布し、11月11日から登録の受け付けを始める。  同課は「県が運営するということで、安心の材料になるのでは。出会いのきっかけが少ない人も、グループ制なので気軽に活用してもらいたい」と話している。URLは「https://www.mirai-kirakira.jp」。  問い合わせは同課(℡073・441・2492)へ。

続きを読む>>


和歌山城で「山里の貴婦人」咲き始める

キイジョウロウホトトギス

 紀伊半島だけに分布し、黄色の優雅な花をつけるため「山里の貴婦人」と呼ばれるキイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑草)が、和歌山城紅葉渓庭園の石垣で咲き始めた=写真。今月下旬には満開になりそうだ。  上臈(じょうろう)は、江戸幕府大奥の職名。花が貴婦人のように着物を引きずりながら歩く姿に似ているためこの名前が付いた。市観光土産品センターで苗を販売している。

続きを読む>>


合唱グループが台風と震災被災地に寄付

 和歌山市のコーラスグループ 「コーロピアッツァ本町」(根来朋宏団長) はこのほど、 台風12号で被災した那智勝浦町に義援金6万1400円を寄付した。 また音楽家・坂本龍一さんが発起人となり、東日本大震災の被災地の子どもに楽器関連の支援を行う 「こどもの音楽再生基金」 にも約15万円を寄付した。  寄付金は、 先月市民会館で開いた創立40周年記念リサイタルのチケットの売上金や、 会場に設置した募金箱に集まったお金。 リサイタルは、 音楽を通して被災地を支援しようと 「癒やし」 をテーマに開催。 家族連れら約600人が訪れ、 アンジェラ・アキの 「手紙」 や 「崖の上のポニョ」 「浜辺の歌」 など、 美しい歌声に耳を傾けた。  同グループの指揮・指導者で、 和歌山信愛女子短期大学保育科の畑中雅英准教授 (51) は 「たくさんの募金が寄せられたことに感謝します。 今後も子どもたちのためにさまざまな協力をしていきたい」 と話している。

続きを読む>>


大規模地震に備え 17日和歌山市で「県民集会」

県民集会

 和歌山大学の学生やボランティアらでつくる 「守ろう、 わかやま!!」 実行委員会 (今井里香実行委員長) は17日、 和歌山市内2会場で 「今、 和歌山に地震が!! ~災害から命を守る 『生きる』 ための県民集会~」 を開く。 東日本大震災を機に和歌山の防災体制を考え直し、 東南海・南海地震などの大規模地震に備えるのが目的。 セミナーや講演を通して、 災害に強いまちを築くための助け合いの精神を高める。 入場無料。  昼の部 (午後2時~、 和歌山ビッグ愛) は子どもと母親が対象。 「稲むらの火」 の紙芝居、 自衛隊和歌山地方協力本部の講話、 「子どもを守るお母さんの防災セミナー」 などがある。  夜の部(6時50分~、 ホテルグランヴィア和歌山)は社会人が対象。 佐藤正久参院議員の講演 「私たちが守るべきもの」、 同大学防災研究教育センター・此松昌彦センター長の講義 「和歌山に必ず起こる直下型地震と津波地震」 の他、 自治会、 企業、 自主防災組織による防災活動発表会がある。  ポスターと冊子のイラストを描いた市立和歌山高校2年生の堀端梨帆さん(17)は 「性別や年齢に関係なく、 みんなが一丸になれば災害を乗り越えられる」 というメッセージを込めて制作。 若者を中心に描くことで 「自分たちの世代がやる」 という自覚を表現した。 実行委の臼井康浩事務局長(46)は 「一人でも多くの人に参加していただき、 知識を養うことで震災に備えてほしい」 と呼び掛けている。 問い合わせは実行委事務局(℡070・6925・1889)へ。 防災活動発表会の発表者は次の皆さん。  片男波自治会防災部・玉置成夫防災部長▽太洋工業㈱・清原旭業務部長▽串本防災クラブ・今福廣司顧問

続きを読む>>


マフィンと絵本のカフェ 宮脇書店の一角にオープン

マフィンと絵本のカフェSugar&Spice

 宮脇書店和歌山店 (和歌山市広瀬中ノ丁) の一角に14日、 「マフィンと絵本のカフェSugar&Spice」 がオープンする。 イベントや雑貨店でマフィンなど手作りのアメリカンスイーツを販売している和歌山市松江の北村有紀さん (35) が手掛け、 「来てくれた人がくつろげるような温かいカフェにしたい」 と話している。  北村さんは、平成20年11月に自身の菓子ブランド「Sugar&Spice」を立ち上げた。よく旅行に行っていたハワイやアメリカで魅せられた、ボリュームがあって飾らない雰囲気のマフィンやクッキーを主に作ってきた。会社員として働く傍ら、アトリエを借り、 イベント出展前には休日を返上してアトリエにこもった。周りのお菓子作家の多くが店舗を構えており、「私もいつかお店が持ちたい」と夢を持つようになったという。  昨年末、 北村さんの知人女性が、 同書店代表の西田聡さん(36)の 「店内に子どもが喜ぶような喫茶スペースを造りたい」という話を聞き、2人を引き合わせた。 西田さんからカフェの構想を持ち掛けられた北村さんは 「子どもと絵本なんて関わったことのない分野。 私で大丈夫かな」 といったんは返答を保留したが、 西田さんの頼りがいのある人柄に、 数日後には開店を決意した。  カフェは本の梱包(こんぽう)などに使っていた空きスペース約100平方㍍を8月から改修。西田さんや建築家の意見を取り入れながら、 レンガ調の壁や、木材の梁 (はり)など、ログハウスのような内装に仕上げた。 西田さんが父親からもらったという暖炉が温かみのある空間を醸している。 北村さんのこだわりが形となったのが、 木製の枠が特徴のショーケース。 ハワイに行った際の写真を見せるなどして業者にイメージを伝えたという。  バニラシュガーやブルーベリーのマフィン、 スコーン、 アメリカンクッキーなど約10種類を販売する予定で、テイクアウトもできる。 ドリンクメニューは、コーヒーや紅茶、ジュースなどを用意。  店内には本棚を設置し、「リサとガスパール」「ペネロペ」などの3歳以上を対象にした絵本と雑貨を並べている (購入可能)。 また、毎月第3日曜日の午後3時からは同店スタッフなどが同店で絵本の読み聞かせをする。 北村さんは 「小さなお店を考えていたので、 こんなに大きなキッチンに立てると思わなかった。お客さんが会いに来てくれるような、 このカフェにふさわしい人になりたい」。西田さんは、「家族連れなどが遠慮なく楽しめるような場所にしてもらいたい」と話している。  同店の営業時間は、 午前11時~午後8時。 年中無休。

続きを読む>>


もうすぐバラ見ごろ 四季の郷公園

四季の郷公園

 ◎…和歌山市明王寺の四季の郷公園のバラ園で、 色とりどりの小さなバラが咲き始め、 訪れた人が甘い香りを楽しんでいる。  ◎…同園職員の尾上重幸さん (74) によると、 秋のバラは寒暖差により小ぶりで、 強い紫外線を受けるため色味が濃く、 鮮やかなのが特徴という。  ◎…同園のバラはハイブリッドティーやフロリバンダーなど約250種類が2000株。 1週間後にはほぼ満開となり、 10月下旬から11月中旬まで楽しめる。

続きを読む>>


ユッケ出す? ハードル高い生肉新基準

 焼き肉チェーン店 「焼肉酒家えびす」 の集団食中毒事件を受け、 厚労省が今月施行した生食用牛肉の取り扱いに関する新基準。 生食用牛肉を扱うには専用設備が必要になるなど、 ハードルは高い。 和歌山市内の人気焼肉店でも今後、 生食用牛肉の定番メニュー 「ユッケ」 を取り扱うかどうか頭を悩ませているようだ。  焼肉店 「炭火焼肉玲王」 (同市小雑賀)などは同事件以降、 メニューからユッケを外した。 「みしま」 (同市新和歌浦) は 「お客さんにファンが多い」 としてユッケをメニューに戻そうと検討しているが、 「設備に費用がかかってしまうなら断念せざるを得ない」 と、 コストによっては厳しそうだ。  新基準では、 加工や調理は専用の設備、 器具で行う▽肉の表面から深さ1㌢以上の部分までを60度で2分以上加熱する▽加工や調理は安全性確保に必要な知識を習得した者が行うなどを定めている。 違反した場合、 悪質であれば営業禁止や2年以下の懲役、 200万円以下の罰金となる。  ユッケが人気メニューだった焼肉店 「焼肉公園」 (同市岩橋) の関係者は 「個人店では板前が全て調理し、 一番安全なところを出せるよう徹底しているはず。 国の基準通りにして、 ユッケとして使えない加熱した部分の肉は国が買い取るなど保証してくれるのか。 赤字のもとになる」 と話している。  市保健所の同事件以降の調査によると、 市内で牛肉のユッケを扱っていたのは焼肉店15軒、 居酒屋4軒、 焼き鳥店2軒。 新基準が施行され、 同保健所は 「市内は個人店も多く、 小さい店だと施設の増設は難しいのでは」 と話している。  同保健所は新基準についての説明会のちらしを市内の飲食店など約1400軒へ送付、 4日の説明会には約90人が参加した。  13日には 「生食用食肉取扱い認定者の講習会」 を予定しており、 12日現在21人の申し込みがあるという。

続きを読む>>


老朽化した第4棟の改修工事進む 和工

和歌山県立和歌山工業高校

 和歌山市西浜の県立和歌山工業高校(西脇英雅校長)で昨年度から、 老朽化した第4棟(3階建て)の改修工事が進んでいる。 昨年度中に1、 2階の工事が完了し、 本年度は3階と各階のトイレ、 外壁の塗装に取り掛かっている。 早ければ年内に完了する。  同棟は昭和43年8月に完成。機械、電気、創造技術の3科が使用し、18教室と音楽室、被服室がある。  今月に入って外構工事が一段落し、 足場が外された。 教室は重い鉄のドアをスライド式の軽いドアに換えたり、 不透明だった窓ガラスを透明にするなど明るく、使いやすく変更。 1階女子専用トイレは、 中が見えないように入り口に洗面台だけを並べるなど工夫している。 工事中、 教室が使えない3科6クラスの生徒は他の棟の教室などでホームルームなどを行っている。  同校では平成21年度に免震構造を備えた6階建ての本館が完成。 先日、 竣工式が行われ、 生徒やOBら関係者約1200人で盛大に祝った。 3月にはサブグラウンドが使えるようになり、 これまで校外の施設を使っていたテニス、 サッカー、 ハンドボールの3部も校内で練習できるようになった。  来年度は、 昭和初期に建設された電気科実習棟の改修を予定しており、 現在は設計段階に入っている。 予算が確定すれば2年間で工事を行う。 浜野仁孝教頭(51)は 「新校舎建設中は騒音などで迷惑が掛からないように気を使っていた。 今回の改修工事は騒音も少なく、 スムーズに進んでいる」 と話している。

続きを読む>>


「やっぱり日本が最高」 寛平さんトーク

アースマラソンの思い出を語る寛平さん

 マラソンとヨットで世界一周する「アースマラソン」にチャレンジした間寛平さん(62)のトークショーが9日、和歌山市内であり、寛平さんは2年以上に渡った世界一周の旅をユーモアたっぷりに語った。  ヤマイチ・ハウジング㈱の紀伊川辺住宅展示場オープン記念イベント。寛平さんは平成20年12月、大阪から地球を東回りに一周するアースマラソンをスタート。病気治療により一時中断があったものの、ことし1月にゴールした。  トークショーで寛平さんは、ヨットで10㍍もの荒波を越えて冬の太平洋を渡り、毎日約50㌔、暑い日は気温52度、寒い日はマイナス19度という中を走った旅の過酷さを明かした。  途中、前立腺がんが見つかり、薬を飲みながら走り続けた苦難の他、イランでは、「送ってやるから乗れ」とオートバイで併走してくれたおじいさんがいたことなど、人の優しさを感じた触れ合いのエピソードを、笑いを交えながら披露した。  日本を含め、18カ国を巡った寛平さんは「いろんな国を回ったけれど、やっぱり日本が最高」と話し、アメリカ大陸横断中、ブログに「浜松のウナギが食べたい」「納豆が食べたい」などと書き込みをすると、アメリカに住む日本人が持って来てくれたことを紹介。多くの人に支えられて達成できたと感謝した。  また、子どもたちをステージ上に呼び、寛平さんの代表的なギャグ「チャチャマンボ」を伝授するなど楽しい一幕もあり、「日本人はみんな優しくて素晴らしいが、その分弱く、つらいことは自分で抱え込んでしまう。他の国のように、全部口に出した方がいい」とメッセージを送った。

続きを読む>>


サービス一覧