ニュースのニュース一覧

紀の川梅干を使用 JA紀の里が新ドレッシング

 JA紀の里の臨時職員5人が開発した「紀の川梅ドレッシング」(ハグルマ㈱製造)が人気だ。同市特産の「紀の川梅干」を使い、甘めなのが特徴で、開発に関わった和歌山市小倉の三浦育子さん(52)は「サラダの他に、豆腐やパスタ、ハ […]

続きを読む>>


和歌山県内が流行シーズン突入 インフルエンザ

 県は26日、県内がインフルエンザの流行シーズンに入ったと発表した。  定点患者報告数が、ことし第50週(12~18日)に、流行開始の目安である1・0人を超え1・9人となった。昨シーズンの流行シーズン入りはことし第1週( […]

続きを読む>>


企業本社の誘致へ 和歌山県が奨励金制度創設

 県は、大規模工場などの企業誘致を目指し新たな奨励金制度として、物流経費の30%を補助する「物流経費補助金」、本社機能となる事務所の施設立地に必要な資産合計額「投下固定資産額」の30%を補助する「本社機能移転奨励金」を創 […]

続きを読む>>


">男子楠部、女子竹原が初V ジュニアテニストーナメント

">

 第18回中村達司杯ジュニアテニス大会兼トヨタトーナメント(月山和男大会会長)の決勝が23日、紀三井寺公園テニスコートで行われ、男子は和歌山インドアTCの楠部佑真(明和中3年)、女子はWATSの竹原桜(高積中1年)がとも […]

続きを読む>>


12月28日付

◆地域の意見を集約 伏虎地区の小中一貫校 ◆和工の田中主将が宣誓 全国高校ラグビー開幕 ◆紀の川梅干を使用 JA紀の里が新ドレッシング ◆男性はねられ死亡 海南市船尾の国道42号 ◆熊野牛のおいしさ知って ココイチがご当 […]

続きを読む>>


那智勝浦に餅1200個送る 和歌山市の管工事業者

和歌山市管工事協同組合青年部

 台風12号で被災した那智勝浦町を支援しようと、 和歌山市管工事協同組合青年部(中井啓仁部長)は25日、 同市南中間町の管工事会館で餅つきを行い、 翌日、 同町水道局に餅約1200個(約60㌔分)を郵送した。 同部は9月 […]

続きを読む>>


協力者に卵1パック 献血キャンペーン開始

和歌山県赤十字血液センター

 年末年始の血液不足を補おうと、 県赤十字血液センターは26日、 献血協力者に卵1パック(10個)をプレゼントする 「献血でエッ! グ~ キャンペーン」 を開始した。 A、 O型が不足し、 特にO型は手術患者などが集中し […]

続きを読む>>


那智勝浦でも開催へ 「ひなめぐり」イベント

 ことし海南市で初めて開かれたイベント「紀州海南ひなめぐり」を、 台風12号で被災した那智勝浦町でも開催しようと、 同町の有志らが準備を進めている。 「南紀勝浦ひなめぐり」と題し、 来年2月1日~3月31日の期間、 約2 […]

続きを読む>>


冬休みの青少年守れ アロチで夜間パトロール

和歌山東署

 和歌山市内の公立学校が冬休みを迎えたことを受け、 和歌山東署は、 管内のJR和歌山駅や繁華街アロチで、 夜間パトロールを行った。  安全な地域づくりを目指す環境浄化対策 (SA対策) の一環で平成11年から毎年取り組ん […]

続きを読む>>


「備前焼のかっこ良さを」 藤田祥さんが作陶展

和歌山市出身の備前焼作家・藤田祥さん

 和歌山市出身の備前焼作家・藤田祥さん (33) の作陶展が来年1月9日まで、 同市小野町のOnomachiα (登録有形文化財・西本ビル) で開かれている。 備前の土の多彩な色や表情を引き出したいと、 常に新しい表現に […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧