英訳bm_trans.gif 

2010年11月14日

00.社会

23日の食祭で初の「アシアカエビ祭り」

「食祭2010」のメーンイベント「紀州アシアカエビ祭り」で提供される4種類のアシアカエビ料理 - 23日の食祭で初の「アシアカエビ祭り」

「食祭2010」のメーンイベント「紀州アシアカエビ祭り」で提供される4種類のアシアカエビ料理

23日に和歌山市の和歌山公園砂の丸広場を主会場に開かれる「食祭2010」(市食のイベント実行委主催)のメーンイベント「行列のできる紀州アシアカエビ祭り」で登場する料理の試食会が12日、同市内であり、市内の有名旅館やホテルの料理人がプロデュースした4種類の料理がお披露目された。

食祭は今回で7回目。紀州名産の料理を紹介する「和歌山うまいもん市」では、和歌山ラーメンや早寿司、ほろほろ鳥の焼き鳥などの屋台がジャンルを問わずに集まる。

今回実施される「紀州アシアカエビ祭り」では、紀三井寺観光協会▽和歌の浦観光協会▽加太観光協会▽和歌山ホテル協議会の4団体を代表して、ガーデンホテルはやしから「足赤海老のフォンデュー風」、萬波から「足赤海老のカダイフ揚げ」、加太淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯から「足赤海老のコラーゲンジュレかけ」、ホテルアバローム紀の国から「足赤ABCドックアバローム風」が提供される。当日は各店400食限定で、引換券(100円)は当日の午前10時半と午後1時に配布を開始する。

「フォンデュー風」は、エビのほかに、クリやごま豆腐、白玉団子を一皿に盛ってチーズをかけてフォンデュ風に仕上げた。「カダイフ揚げ」は、衣にトルコのお菓子の原料カダイフを使用し、サクサクとした食感を演出し、これまでとは一線を画すエビフライとなり頭から全部食せる。「コラーゲンジュレかけ」は、美容と健康をコンセプトに、加太名産のタイから抽出したコラーゲンで作ったジュレをエビやミカンにかけたあっさり味の一品。「ABCドック」は、トマト味のパンに米油で揚げたエビフライとキャベツのカレー粉炒めを挟んでいる。

観光課は「たくさんの人に食祭に来てもらって、アシアカエビなど和歌山名物の料理を堪能してほしい」と話している。





この記事と関連がありそうな過去の記事

powered by weblio







cypress.gif