staffblog_title.gif
 スタッフ総出で綴ります

« だが断る | メイン | (歩)のひまわり観察日記 »

麗!女子部
2011年08月26日
世界一のけん玉ティーチャー


皆さんの「特技」って何ですか?

先日、宮前小学校の「けん玉先生」こと向井智哉さんを取材させてもらいました。何と今回、向井さんはけん玉で世界一になったんです!

http://www.wakayamashimpo.co.jp/news/11/08/110824_11599.html

以前、フリースタイルで日本一のタイトルをとった時には、(猫)記者が取材。
http://www.wakayamashimpo.co.jp/news/10/02/100221_6204.html

教員を目指すにあたり、何かアピールできるものを、と考えた向井さん。そのとき思い出したのが小学校で手にしたけん玉でした。独学で学び、小学校から大学まで続けていた野球の運動神経が生かされてか、バツグンのセンスを発揮します。


けん玉にはいろんな面白い技があって、驚きました。なかなかアクロバティックなんですね~


小学校の集会では、向井さんのけん玉披露の時間もあったり、他の先生たちも、子どもたちと一緒に挑戦しているらしいです。中には段位取得を目指す先生も出現。時間を見つけ、向井さんからこつを教わっています。

そう、こんな風に。



この日は夏休み中。いつもはもっと多数で励んでいるそうです(ちなみに、いちばん左は高校からの友人で同小学校のN島先生)。
みんな集中。思っていたよりも静かです(そりゃ当然か)。意外と全身運動で、忍耐力も身に付きます。いい気分転換になるそうですよ。

校内で出会った男の子がお母さんに「向井先生は、けん玉先生なんやで!」って自慢げに話してました。子どもたちにも人気の先生なんですね。

(空)


2011年08月26日 18:57


shimpo_banner.jpg
わかやま新報は、和歌山市を中心とする和歌山県北部唯一の日刊新聞です。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

atom

StaffBlog一覧

アーカイブ