「教育環境悪化する」 馬券売り場反対要望

場外馬券売り場設置計画
和田議長に反対の要望書を提出する本町第7区自治会の松下会長ら

 和歌山市米屋町のぶらくり丁商店街 「ぶらくりブリスビル2階」 に浮上している場外馬券売り場設置計画について、 近隣の本町第7区自治会 (松下博昭会長)は2日、 市役所を訪れ、市議会の和田秀教議長に設置反対に関する要望書を提出した。

 同自治会は9月9日に設置の賛否を問う投票を行い、 反対の決議をとった。 同月27日には大橋建一市長宛てに反対の要望書を提出している。 今回の要望書にも 「青少年の教育環境が悪化する。 今回だけでなく、 将来までも深刻な問題を引き起こす懸念のある公営ギャンブル施設設置には賛同しないでほしい」 としている。

 和田議長は 「要望書は地元の声として受け取りました。 今後は、 地元としてどうすればまちが活性化できるかを考え、提案していただければありがたい」 と話した。

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧