紀州、兵庫との接戦制す 関独リーグ8回戦


ずぶぬれでヒーローインタビューに応える蘆田選手

 関西独立リーグ2013・紀州レンジャーズと兵庫ブルーサンダーズの前期8回戦が15日夜、 紀三井寺公園野球場で行われ、 紀州が9回、 2死満塁から蘆田(あしだ)の右前適時打で劇的なサヨナラ勝ちを飾った。 藤野、 栃谷とつなぎ力投する投手陣に応え、 最終回打線も奮起。 代打藤崎の左前打を足掛かりに好機を広げ、 主砲・蘆田の1打で接戦を制した。 紀州は通算8勝4敗1分けで首位をがっちりキープした。

 ◇前期8回戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
兵庫ブルーサンダーズ
紀州レンジャーズ

紀州がゲーム差0・5でリードし、迎えた兵庫との首位攻防戦は前半、紀州藤野、兵庫・濱田 (俊)両先発の息詰まる投手戦が繰り広げられ、 5回までともにスコアボードには零行進となった。

 6回、 1死3塁から内野の野選で1点を先制された紀州は7回、 1死1、 2塁から2塁走者の崔智浩が3盗、 慌てた相手捕手の暴投を誘い、 一気に本塁を駆け抜け同点とした。 最終回、 代打攻勢に出た紀州は、 1死から藤崎が左前打、 原田四球の後、 内之倉が右前に運び満塁と攻めた。 島袋の内野ゴロで、 生還できず2死となったが、 ここで蘆田が、 相手投手の初球を、 鮮やかに右前へ放ち、 うれしいサヨナラ勝ちを決めた。

チームにとって、 サヨナラ勝ちはこれまでにもあるが、 サヨナラ打での勝利は今回が初めてで、 メモリアル打となった蘆田には、 チームメートから水攻撃の手荒い祝福が贈られ、 スタンドのファンからの声援や拍手も一段と大きく、 ともにドラマチックな勝利を味わっていた。

ずぶぬれになったヒーローの蘆田翔永選手は 「これまで、 あまり打てなかったので、 打てて良かった。 打席に入るとき、 ここは打つしかないとストレートに絞って狙っていた。 チームは投手陣の頑張りもあり、 いい感じで試合を戦っている。 これからも首位をしっかり守りたい」 と笑顔の中にも闘志があふれていた。