古民家で贅沢に あしべや夢ごてん

万葉集にも詠まれた景勝地・和歌浦の不老橋近くに、和食店「紀州の味 あしべや夢ごてん」がオープンしました。

和歌山駅近くで味処「三八波」や焼き肉店「なのはな」など飲食店を展開する㈱三八波(田上義人社長)が、築120年の古民家を改修。田上社長が、画僧の慧善玄潭(えぜんげんたん)さんに制作を依頼した襖絵の他、縁側、庭など古き良き日本の良さを随所に感じながら、ゆったり料理を楽しむことができる空間が誕生しました。

食材は、雑賀崎漁港や有田市の辰ヶ浜漁港で水揚げされた生きのいい魚介類や、地元の野菜を中心に、旬の食材を使用。

ランチは、ミニサラダ、前菜3種、本日のお造り4種、小鍋、天ぷら、ご飯、スイーツ盛り合わせ、ドリンクが付いた「若の浦」(1500円・税別)をはじめ、茶わん蒸しや、黒毛和牛ミニステーキが付いた全5コースから選ぶことができます。

ディナーは、前菜、造里、小鍋、焼物、箸休め、揚物、蒸物、ご飯、デザートの9品のコース「あしべや夢紀行~秋~」。オープン記念として、20日まで5000円(同)のところ、4649円(同)で楽しむことができます。

また、昨年秋にオープンした紀州プリン専門店「鶴亀堂」の2号店を併設。生石高原のタマゴと串本町の尾鷲牛乳を使った贅沢なプリン(350円~・同)4種がショーケースにずらりと並び、持ち帰ることができます。味はもちろんのこと、容器やラベルにもこだわったかわいい仕上がりで、お土産にもおすすめです。

田上社長は「古き良き日本を肌で感じて、贅沢な時間を過ごしてもらいたい」と話しています。

【紀州の味 あしべや夢ごてん】和歌山市和歌浦中3丁目3の5▽℡073・488・2919▽ランチ=午前11時~午後2時半(OS2時)、ディナー=午後5時~9時半(OS9時)、紀州プリン鶴亀堂=午前11時~午後9時▽駐車場=10台▽定休日=月・火曜日

ランチコース「若の浦」(1500円・税別)

ランチコース「若の浦」(1500円・税別)