うおのめ、タコの悩みに 足裏調整靴下

「うおのめやタコができるのは、その部分が地面によく当たり摩擦するから」。その悩みに寄り添い改善に導きたいと、和歌山県和歌山市古屋の快養整体院(木本和秀院長)では、このほど足裏調整靴下「かんしんパッド」の開発に成功し、現在特許を申請中。

うおのめやタコに悩む人は膝や腰に痛みがある人が多いことが判明。歩き方に制限がかかるためバランスが崩れて姿勢が悪くなり、痛みが出ることが分かっています。その改善にも効果を発揮する商品です。

この「かんしんパッド」は、靴下の足裏部分に袋状(ポケット)を装着。うおのめやタコのある箇所にパッドを入れて当たらないようにすることで痛みが緩和され、正しい歩き方ができ姿勢が良くなり骨のズレも調整できるという一挙両得のアイテムです。縫い目のない編み方をしているので、足裏にフィット。自分で簡単に装着でき、通常の洗濯が可能です。足裏のうおのめやタコが原因で膝痛・腰痛に悩む方は試してみてはいかがでしょうか。

問い合わせは快養整体院(℡073・453・5678)。

簡単に足裏へパッドを入れて整えるだけ

簡単に足裏へパッドを入れて整えるだけ

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧