新型コロナ対策議論 関西広域連合ウェブ会議

関西広域連合は28日、委員会と新型コロナウイルス感染症対策本部会議をウェブで開き、構成自治体の首長らが新型コロナウイルス感染症対策について意見を交換した。

会議は神戸市の兵庫県災害対策センターと各地を結ぶ形で開かれ、仁坂吉伸知事は和歌山県庁南別館の災害対策本部室から参加した。

仁坂知事は感染拡大防止に向けた京阪神の取り組みについて「あれだけたくさん感染者がいたのにあっという間に抑え込んでしまった。誇るべきことだと思う」と高く評価。感染拡大防止と経済活動の両立についてもふれ、「自粛一本槍でやっていると経済が本当に死んでしまう。保健医療行政を頑張って、足りない時に自粛で助けてもらうことが大事では」と述べた。

大阪府の吉村洋文知事は今後について「一定程度の陽性者が出ることを前提に第2波への備えをしっかりやっていきたい」と述べ、「クラスターが発生した場合、早くキャッチしてクラスターを広げないことが大事。ITを使った追跡システムが必要で、今月29日から運用を開始する。登録も簡単なのでぜひ広めていきたい」と述べた。

会議の最後には第2波に備えた医療・検査体制の整備や風評被害の防止などを主な内容とする「関西・新型コロナウイルスを乗り越えよう宣言」を採択した。

 

ウェブ会議で意見を交換した(県庁)

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧