有観客で開催へ 夏の高校野球和歌山大会

和歌山市の県営紀三井寺球場で7月9日に開幕する第103回全国高校野球選手権和歌山大会について、県高野連は17日、同大会を有観客で行うと発表した。

一般の観客の入場は一日最大1400人とし、アルプススタンドへの入場は各校300人を上限とする。アルプススタンドに入場できるのは、控え選手、学校関係者、保護者で完全入れ替え制とする。一般の入場料は大人700円、中高生300円。新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては無観客に変更する可能性がある。

開会式は7月9日正午に開始。入場行進は行わず、各出場校から主将が代表して参加する。

開幕試合のアスリート始球式は、和歌山北高校レスリング部3年生の山路大心選手が務める。

 

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧