PRと志望理由明確に 貴志川高で就職講座

和歌山県立貴志川高校(紀の川市貴志川町長原)で22日、「就職スキルアップ講座」が開かれ、3年生50人が昨年3月に卒業した先輩から社会人としての心構えや準備などの話を聞いた。

卒業生がジョブサポートティーチャーとして講師を務め、月1~2回の頻度で放課後に開講。これまで就職活動の流れや自己紹介の練習、面接試験の基本マナーなど実践的な指導をしてきた。

今回は、㈱赤井工作所、日鉄テックスエンジ㈱、ハバジット日本㈱、福山通運㈱で働く4人にインタビュー形式で対談を実施した。

先輩4人は仕事内容や志望理由、仕事で難しいと思うことなどに回答。3年生から、「働いて良かったと思うことは」の質問に「お客さまから感謝されたこと」、「就職活動で大変だったこと」については「面接の対応が難しかった。その会社を希望する理由と自分のアピールポイントをしっかりと言えるようにすることが大事」などと助言した。

また先輩4人は「自分から率先して仕事をする先輩が憧れ。切り替えが早く、明るくてフォローしてくれる先輩のような人になれるように頑張りたい」と話した。

社会人としての心構えなどを話す先輩たち

社会人としての心構えなどを話す先輩たち

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧